カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME
       
mag201901-2.jpg

中国式・世界秩序である「一帯一路」の正体と世界統一政府の実験組織・国連の致命的な腐敗の構造が、世界をまったく違った局面へ導くことになる。

(この記事はメルマガ第283号パート1、パート2の2本の記事の一部です。全文はメルマガでお読みください)
mag201812-31.jpg

南北朝鮮の再統一は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、韓国ではなく北朝鮮主導で進めようとしている。
再統一に絡む宗教とKCIA、そしてCIAの過去の策動。


(この記事はメルマガ第282号パート2、パート3の2本の記事の一部です。全文はメルマガでお読みください)
mag201812-25.jpg

お人好しを装いながら、北朝鮮の国際的地位の向上を図ることによって、南北統一のリスクを極限まで減らそうとしている文在寅(ムン・ジェイン)大統領。

(この記事はメルマガ第282号パート1の一部です。全文はメルマガでお読みください)
mag201812-21.jpg

ファーウェイCFOが逮捕された日に、ノーベル賞受賞クラスの中国系天才科学者が「怪死」を遂げていた。

彼は、シリコンバレーでAIや量子コンピューターの開発に携わっており、中国政府の4億ドルの資金を自ら設立したファンドを通して運用していた。


(この記事はメルマガ第281号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
201812-3.jpg

上のホワイトハウスの公式ページの画像をクリックすると、辺野古埋め立て中止の嘆願書の公式サイトに飛ぶ。

1月7日までに10万筆(人)が集まれば、トランプが何らかの回答をすることを約束している。

違法行為と日本に対する破壊行為を繰り返しているお子ちゃま自民・維新の凶悪犯罪議員たちが、いっせい逮捕されて刑務所に入れられないように、彼らを守ってあげるために署名しよう!

ローラや沖縄出身のりゅうちぇるは立ち上がったが、同じ沖縄出身の人間のクズ・今井絵理子は無視だそうな。

mag201812-10.jpg

中国で進められている「市民格付け制度」-ディストピア・プログラムこそが、ファイブ・アイズ情報同盟国が実現したい「人間烙印システム」。

(この記事はメルマガ第280号パート3のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201812-17.jpg

ジョン・F・ケネディーの命を奪った凶弾は、JFKが中国の核実験場施設への空爆を決めた直後に放たれた。
イスラエル・・・モサド・・・「イスラエルと中国の核コネクション」の存在・・・


(この記事はメルマガ第280号パート2の一部です。全文はメルマガでお読みください)
mag201812-15.jpg

完全に世界を敵に回したコテコテのマルキスト・習近平の中国を包囲するファイブ・アイズ。

そして、[イスラエルー中国]の核のコネクションの凶弾に倒れたJFKの復活。


(この記事はメルマガ第280号パート1の一部です。全文はメルマガでお読みください)
mag201812-2.jpg

量子コンピューターはマリアナ・ウェブにアクセスできる。

(この記事はメルマガ臨時増刊号2018/12/06【Vol.017】の一部です。全文はメルマガでお読みください)
mag201811-30.jpg

「中央銀行は救済に乗り出し、完全に匿名のデジタル通貨を提供するつもりでしょうか?
まったく違います。 そんなことをすれば、犯罪者を喜ばせるだけでしょう。
中央銀行は、投資に先立って行われるデューデリジェンス手続きや取引の記録を通じてユーザーの身元の認証が可能なデジタル通貨を設計することになります」-国際通貨基金(IMF)専務理事 クリスティーヌ・ラガルド


(この記事はメルマガ第279号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201811-28.jpg

中国と日本が米国債を売れば、世界は金融危機に突入します。
しかし、中国であれば、うまくやるかも知れません。

(この記事はメルマガ第278号パート4~パート5の2本の記事の抜粋です。全文はメルマガでお読みください)
mag201811-24.jpg

ファイブ・アイズ情報同盟と中国との「新冷戦」の狭間で、木の葉のように翻弄される日本。

(この記事はメルマガ第278号パート3の抜粋です。全文はメルマガでお読みください)
201811-1.jpg

NSAが動き出すと、台湾情勢の悪化、南シナ海が危険海域になるかも知れない。
日本人は、彼らのプロパガンダに乗せられることのないように最後まで平和外交を。

といっても、本気で日中戦争を渇望している安倍政権は、そこに突き進むかもしれない。

mag201811-25.jpg

「NATOは時代遅れ」(ドナルド・トランプ) → 世界は多極化へ → ロシアの脅威(幻想)を利用する → 欧州軍の創設 → カオス → 世界統一通貨の誕生。

(この記事はメルマガ第278号パート2の抜粋です。全文はメルマガでお読みください)
mag201811-21.jpg

マクロンとトランプによって西側世界は多極化に向かう。
それは、第三次世界大戦への誘い。


(この記事はメルマガ第278号パート1の抜粋です。全文はメルマガでお読みください)
       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top