カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2018年06月
       
mag201806-33.jpg

すべてが、崩壊の2019年に向かって収斂している・・・

(メルマガ第259号の抜粋です。全文はメルマガでお読みください)
mag201806-31.jpg

「グローバル・エリートは、ローマ教皇フランシスコを失脚させ、12ヵ月以内に世界経済を破壊する」・・・

(メルマガ第258号パート4の一部のみです。全文はメルマガでお読みください)
mag201806-30.jpg

なぜ、グローバル・エリートは、コロラドにこだわるのか・・・
なぜ、彼らは、地下に潜りたがるのか・・・


(メルマガ第258号パート3の一部のみです。全文はメルマガでお読みください)
mag201806-9.jpg

米国はフェニックスに象徴される国・・・

再び創造的破壊が起こった後、ワシントンD.C.に代わる新生アメリカの新しいキャピトル(Capitol)が姿を現す。
それは近い。


(この記事は、メルマガ第258号パート1、パート2の2本の記事のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201806-1.jpg

差し迫っているユーロ通貨圏の崩壊。
そして、世界的なパラダイムの大転換・・・

その中でサバイバルする方法は・・・


(この記事は、メルマガ第257号パート1、パート2の2本の記事のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag2018005-30.jpg

国際的な専門家たちは、「2020年東京オリンピック後、地価は半分から3分の1にまで下落する」と口々に言う。

つまり、少子高齢化が、ますます顕在化していく未来にあっては、日銀の財政ファイナンスによる円の崩壊から資産を守ろうとしても、土地は、もう万能ではなくなった、ということなのだ。

(この記事は、メルマガ第256号の部分部分の抜粋です。全文はメルマガでお読みください)
       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サブサイト(更新停止中)
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反世界政府主義
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
株価&為替ボード
リンク11-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top