カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2018年08月
       
mag201808-15.jpg

日銀は自然利子率という方便を持ち出してきて、量的緩和をお題目で終わらせようとしているのか。
北朝鮮非核化の延期、スイス、イラン、ホルムズ海峡、原油高騰・・・これが日銀と政府が待ち望んでいること。


(この記事は、メルマガ第267号パート4のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201808-5.jpg

金融とテクノロジー、そして世界標準での地球市民の個体管理・・・これらは、すべて「一つ」。
財政ファイナンスは、2012年12月の衆院総選挙前からの既定路線だった!?

もういい加減に見えてきたでしょう?


(メルマガ第267号は、パート1からパート4の4本の記事で構成されています。この記事は、パート1~パート3の3本の記事の抜き書きです。全文はメルマガでお読みください)
mag201807-48.jpg

迫りつつあるハイパーインフレに対処するには、ペーパー資産をすべて現物に換えること。
そして、節約の方法を学び、現物を買っておくこと。

もうじき、テレビの有害な飽食グルメ番組は姿を消すでしょう。


(この記事はメルマガ第266号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201807-34.jpg

いよいよ財政ファイナンスに追い込まれる日銀。

とうとう、「国際金融マフィアによって計画的に仕組まれた金融崩壊の後、ファイブ・アイズの全世界監視網に組み込まれてマイクロチッピングによる人口コントロールが始まる」と、世界的にも大きな影響力を持つ金(ゴールド)投資家までもが警告するようになった。


(この記事はメルマガ第265号パート1~パート3の3本の記事の見出しのみです。長文のためダイジェストが作成できません。全文はメルマガでお読みください)
mag201807-25.jpg

電子タトゥーとスマートダスト。
体内インプラントと生体トラッキング・・・
ディープシフトは着々と進んでいる。

あなたは新しい時代のリーダーとして、どう振舞う?


(この記事はメルマガ第264号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top