カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   ニュース一般  »  スカル&ボーンズの髑髏がオークションに
       

 

                  画像クリックで英語サイトへ

日本語ニュースサイト http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2681021/5145511


スカル&ボーンズというと、アメリカの名門大学のエール大学の秘密結社の名前。近々逮捕がささやかれているジョージ・ウォーカー・ブッシュとパパブッシュ、さらにはジョージ・ウォーカー・ブッシュの父祖であるプレスコット・ブッシュと三代にわたって会員であったことで知られています。
そのほか、ブッシュと大統領選を闘った民主党のケリー、ウィリアム・タフト元大統領もスカル&ホーンズの結社員です。大統領選のときにブッシュの紹介で、この秘密結社のことを報道していました。

この髑髏は本物の頭蓋骨で、1800年代後半にエール大学のスカルアンドボーンズの本拠地で実際に使われていたもの。
髑髏のてっぺんがフタになっていて開閉ができるようになっており、スカル&ボーンズの何かの投票時に使用されていたらしい。1月22日にクリスティーズオークションに出品されることが決まっているそうです。

毎年この組織に入れるのは15人だけで、入ると自分の恥ずかしい過去の体験をみ んなで公開しあって、より一層の団結と秘密主義を誓うとされています。秘密結社と言われているのにもかかわらず、会員名簿は公表されており、会員は「ボーンズマン」と呼ばれているそうです。先に挙げた政治家のほか、有名作家なども、その名簿に載っているそうです。

しかし、「骨男」って、センスないですね。

スカル&ボーンズが創設されたのは1832年。詳しくは下記リンクへ。


http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/skull_and_bones.html

この頭蓋骨の持ち主の名前は明かされていませんが、以前はボーンズマンであったEdward T. Owenと言う人物が持っていた模様。この人は1872年にエール大学を卒業後、大学教授になったそうで、それから現在の持ち主の手に渡った、ということらしいです。

大分前に、ボーンズマンのひとりがジェロニモの墓を暴いて遺骨を持ち去って以来、ジェロニモの骨は見つかっていないのですが、要するにスカル&ボーンズのメンバーは髑髏マニアの集団ということです。

しかし、名門大学の中に人骨が、しかも秘密結社員が手で撫でていたわけですから、まともな人たちではないわけで、ブッシュがレプティリアンという話も本当ではないか、なんて思ってしまいます。

まあ、冷静に見てみると権力を手に入れるために、髑髏を使った秘密の儀式をやっていたのでしょう。「世界を我らの手の中に」なんて呪文を唱えながら。そして、髑髏を通じて、悪魔が来たりて笛を吹いたのでしょう。

それにしても、フリーメーソンの秘密の儀式といい、髑髏が好きですね。

 

 スカル&ボーンズ―秘密クラブは権力への通路 (単行本)

Alexandra Robbins、 太田 龍 

スカル&ボーンズ―秘密クラブは権力への通路 (単行本)





関連記事
       
NEXT Entry
マシュー君は光の者?あるいは闇の者?
NEW Topics
クラッシュ目前!中央銀行が現金を廃止したい本当の理由
ドルの終焉に備えるJPモルガンと最強!ロシアの暗号通貨
秋以降に市場転換で、ほうぼうでクラッシュ始まる!?
シリコンバレーと情報機関は影の世界政府のフロント
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密②
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①
エプスタインの罠に嵌ったイスラエルの奴隷・トランプ
メルケルの「震え」と、座して死を待つドイツ銀行
金本位制とイラン=トランプの裏側で起こっていること
大祓の神「瀬織津姫」の正体と天皇の生前譲位の理由
欧米の計画的な没落は中国をNWOのフロントにするため
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ⑥⑦
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ⑤
姉妹サイトと会員限定ウェブマガジンのスタート
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ④
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top