カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  2号機のクリプトン85の値が再び上昇
       

福島第一原発2号機の気体サンプリング(6月20日計測)ですが、前回の検査(6月13日)のときより、若干ですがクリプトン85(Kr-85)が増えてきました。(下の表参照)
今年に入って三番目に高い値です。(下の棒グラフ参照)

加えて、(今までの放出量と比較して)微量ですが、セシウム134(Cs-134)、セシウム137(CS-137)も依然として放出されています。
2号機の下では核分裂反応が止まっていないことを示しています。

20120626-3.jpg 

20120626-2.jpg
クリプトン85の放出量を棒グラフにしたもの(クリック)

今年に入って、三番目に高い値(6月20日)です。

以前から、アメリカの原子力専門家、アーニー・ガンダーセン氏は2号機で再臨界が起こる可能性があると警告しており、東電内部でも、技術系社員同士が、「再臨界で新しい熱源ができていることも、決して無理な想定ではない」とメールで情報交換していることが分かっているのですが、京都大学原子炉実験所の小出助教は、「再臨界を起こす可能性は、ほとんどない」と分析しています。


前半は「もんじゅ」について。2号機の再臨界の可能性については8:00から。

問題は、原子炉圧力容器にも、その外側の格納容器にも、すでに穴が空いていて、核燃料が私たちの吸っている空気と、直接、接触している、ということです。




【日本製】ガイガーカウンター RD-2量産型 OpenGeigerProject 
累積・空間・CPM計測 大型GM管使用

株式会社 WBS
19,800円  配送無料
【日本製】ガイガーカウンター RD-2量産型 OpenGeigerProject 累積・空間・CPM計測 大型GM管使用



関連記事
       
NEXT Entry
4号機プール-ABCの取材によって新たに分かったこと
NEW Topics
株式・FX・仮想通貨はボットとAIに支配されている③
株式・FX・仮想通貨はボットとAIに支配されている①②
テザー疑惑が金(ゴールド)の価格を上昇させる!?
ビットコインに内在するテザー爆弾、そして株価暴落へ
暗号通貨デリバティブが世界恐慌の引き金になる①~③
コインチェックを実質破綻に追い込んだ魑魅魍魎の正体
暗号通貨から金(ゴールド)へ一部の資金が移動か
国際金融エリートたちの世界電子法貨が姿を現すー①②③
暗号通貨の主役交代と量子耐性の次世代暗号通貨②③
暗号通貨の主役交代と量子耐性の次世代暗号通貨①
世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?②③
世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?①
ブロックチェーンとフィリップ・ロスチャイルド
2018年、さようならBTC!こんにちはBCH!
「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の「神」
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サブサイト(更新停止中)
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反世界政府主義
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top