カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   サバイバル  »  北海道・十勝岳の活発化、九州霧島の新燃岳の噴火警報
       
十勝岳で火山ガス燃焼か=火口明るく見える現象が続いているようです。ただし、今のところは噴火の兆候はないとのこと。

火口で「明るく見える」現象 十勝岳が火山活動(12/07/01)


十勝岳で火山ガス燃える?一時避難も


これは十勝岳の望岳台に設置された監視カメラの映像。


十勝岳は、いつも水蒸気が出ているのですが、今回は、火口が赤くなっているということですから、マグマが上がってきた可能性があります。

平時、水蒸気が上がっている状態とは、こんな感じ。

20120701-23.jpg
十勝の共同利用模範牧場から(5年前)

20120701-25.jpg
十勝の共同利用模範牧場から(5年前)

20120701-29.jpg
望岳台から十勝岳(5年前)

20120701-27.jpg
望岳台から十勝岳(5年前)

このように十勝岳は、常に水蒸気が出ています。
望岳台に上ると、山腹が崩落するときに聞こえる「ドカンッ」という発破のような音がするときがあります。

十勝が噴火すれば、連鎖的に大雪山系の旭岳の噴火も連想されます。

これと関係があるのかどうかは分かりませんが、九州・霧島の新燃岳にも噴火警報が出ています。

今のところ現象面だけから、素人が予測することは控えたいと思いますが、多くの地震学者が訴えているように、列島全体でマグマの上昇があることは確かなのでしょう。





3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応
アメリカ発
6,180円  配送無料
3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応



関連記事
       
NEXT Entry
引き続き4号機情報-代替冷却ポンプ作動
NEW Topics
「一帯一路」はマッキンゼー、推進は国連と中国のNGO
2019年の北朝鮮と「統一教会とKCIAとの関係」②、③
2019年の北朝鮮と「統一教会とKCIAとの関係」①
シリコンバレーをスパイしていた中国系物理学者の怪死
ホワイトハウスー10万人署名で辺野古埋め立てをSTOP!
真説:モサドの凶弾に倒れたJFKと中国から逃げる人々③
真説:モサドの凶弾に倒れたJFKと中国から逃げる人々②
真説:モサドの凶弾に倒れたJFKと中国から逃げる人々①
「2019年 世界はこうなる」と暗黒世界マリアナ・ウェブ
いよいよ迫るIMFの追跡可能な世界デジタル通貨の発行
世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動④⑤
世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動③
カルロス・ゴーン逮捕劇の背後には日米安全保障が
世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動②
世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動①
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top