カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  デンバーの地下都市は英国王室の避難場所
       
20101011-17.jpg
デンバー空港の地下施設。本記事のアレックス・クリストファー取材

例のデンバー空港の近くにCIAが移動したようです。今一度、デンバー空港の謎解きをすることが重要になってきました。

ワシントン・ポスト 2005年5月6日の記事にもあるように、かなり前からCIAのデンバー移転計画があったようです。

「CIAは、オペレーションと新人募集を担当している国内部門のヘッドクウォーターを、現在のCIA本部のあるラングレーからデンバーに移転するよう計画している。

CIAの古参職員は、デンバーに移転してしまうと、主要な企業、組織からあまりにも遠すぎてしまうので、このような移転・再配置の意味をなさないだろう、と語っている。『いったい、何の目的で、われわれはデンバーなどという遠方に移転する必要があるのか?』と首をかしげている。
(管理人:CIAの古参職員でさえ、本当の目的は知らされていないようです)

コロラドは、2001年9月11日以降、情報インテリジェンスの主要なハブになった。

デンバーの東側郊外の「オーロラ」は、ほとんど知られていないが、「オーロラ・データ施設」のホームタウンとも言うべき地域である。それは、バックリー空軍基地の一部で、軍やNSA(国家安全保障局)、およびNRO(国家偵察局)などによって運用されている情報衛星と連動させることによって、合衆国の主要な基地になっている。

デンバーへの移動が国内部門の経営の有効性をどのように増加させるかは、不明瞭です、と数人の元諜報機関の職員が言いました。

約70マイル離れたところには、コロラド・スプリングスのピーターソン空軍基地があり、北米本土防衛のための国内情報に取り組んでいる。CIAのデンバー移転計画は、バックリー基地、あるいはピーターソン基地のどちらと連携を図るためのものなのか分かりません」。


その後、NSA(国家安全保障局)も、CIAに続いてデンバーに移転する計画が持ち上がったようです。

2012 CHANGES ARE NOW: CIA Moving to Denver
とあるように、ここに来て再びCIAデンバー移転説の話題が出てきたようです。

掲示板では、「いよいよNIBIRU星が地球に衝突するから、CIAやNSAなどの主要な情報局が安全なコロラドに避難し始めたのだろう」なとどいうコメントがチラホラ。

これをアセンションと結び付けたい人々は、こんな掲示板で、
「すでにCIAはデンバー移転を完了している。これは、Doomsdayが迫っているためで、このままではCIAの本拠地・ラングレーは巨大津波に飲み込まれてしまうだろう」というような書き込み投稿をしているようです。
これは、2012年(あるいは2013年)に向けて、人々の不安が増大していることの表れでしょう。

CIAが、どの程度の規模でデンバー移転を計画しているのか、あるいは、すでに移転を終えたのか、についての正確な情報が出て来ていないようです。(どこかに、あるのかも知れませんが)

しかし、ワシントン・ポスト、また地元のデンバー・ポストも過去、何度もこの件について取り上げているので、少なくとも、CIAがデンバーに引っ越すことは確実でしょう。あるいは、もう済んだか。

下のサイトは、米国の情報機関の動向を専門に発信しているサイトです。
http://www.paladium.net/usa-fedintelligenceCiaHeadquarters.php(自己責任で閲覧してください)

「2007jul14
The CIA will soon move its National Resources Division to Denver, possibly to DFC (Denver Federal Center). Acording to former webpage, www.lakewood-colorado.org/business_parks/denverfedcenter.asp, DFC is in Lakewood, south of West 6th Avenue, north of Alameda Avenue, west of Kipling Street, and east of Union Boulevard. 」
とあるので、どうも、CIAの一部機能はデンバーへの移転を終えているようです。これは2007年時点のリリースです。

ここに合衆国の主だった(規模の大きい)地下基地のリストがあります。デンバーについての記述を抜粋してみましょう。
List Of Underground Bases In The US

2009年11月10日の記事です。比較的最近です。
この記事では、「デンバー空港地下の巨大施設は軍の秘密基地である」と確定的に書いています。時が経つにつれて、デンバーの地下で何が起こっているのか、秘密にしておくことは困難になりつつあるようです。

合衆国の地下基地
NO.5.デンバー国際空港
基地の機能:軍事研究、建設、拘留キャンプ施設(収容所)
デンバー本土とコロラド・ロッキー山脈は「safehousing」(避難地)。
デンバー空港地下から、以下のエリアへ数本のトンネルが延びている。
コロラド・スプリングス、コロラド(Cheyenne Mtn.)、リバートン。

管理人:
コロラド・ロッキー山脈の裾野に以前から避難場所があると言われていますが、このリストの「safehousing」が、どこなのか未調査。


また、コロラド・スプリングス、というのは、この場所にあるピーターソン空軍基地のことでしょう。
そして、コロラド(Cheyenne Mtn.)とは、シャイアン・マウンテンのことで、スターゲイト実験プロジェクトで知られている地下基地のある場所です。


とにかくデンバー地下施設が「収容所」としてエントリーされていることは何を意味するのでしょう。近い将来、このデンバー空港の地下都市で何が行われるのでしょう。

20101013-2.jpg
画像クリックで関連ページへ

上のトンネルの写真は、シャイアン・マウンテンの地下施設への入り口です。
スターゲイトも、例のモントーク・プロジェクトに包括されるのでしょうか。

デンバー空港の建設に絡んでは、さまざまなトラブルが起こっているようです。
建設会社に工事委託する場合は、全体の有機的関係を悟られないように、一部分のみ工事発注していたので、請け負った建設会社も、その全貌をうかがい知ることはなかったようです。
また、一気に、工事関係者を大量解雇してしまうようなことが何回かあったようで、よほど、このデンバー空港の真の目的について知られては困ることがあったようです。

何人かの人は、このエリアで生じる電磁場からのバイブレーションによって、気分が悪くなったり、頭痛を起こしていることが報告されています。
空港敷地は、その周囲を外部からの不審者の侵入を防ぐという目的で、有刺鉄線が張り巡らされているのですが、その針の向きが外部に向いているのではなく、内側に向いているのです。あたかも、空港敷地から外部に逃げ出さないような配慮がなされているのです。
あちらこちらに建設されているミニ冷却塔のような建造物は、換気のためのコンクリート製煙突のように見えます。

文字通り、デンバー空港の大深度地下にある施設は、「新」北米のコアであり、周囲のさまざまな重要地下基地とトンネルで結ばれている、というのは事実のようです。

秘密の地下基地で、人間と動物のハイブリッドの研究開発が行われている

ところで、冒頭の「CIAの本部機能がデンバーに移転し、すでに情報活動のハブになっている」ということですが、さらに深く調べていこうと、関連情報を検索していると、ある人物のインタビュー記事に行き当たりました。
そして、この人物のインタビュー記事から、視野が一気に開けたのです。

このインタビュー記事は、よほど重要な示唆に富んでいるとみえて、Wes Penre氏や、Ken Adachi氏(アメリカ在住の日系人)を始め、有名どころのサイトでは、ほとんどすべて取り上げられています。

内容は、デンバーがNWOのハブ基地になる、ということと、エリア51やダルシー地下基地で進められている新生物を開発するための遺伝子実験、さらには、グランド・キャニオンで発見された秘密の洞窟(中からエジプトのミイラやピラミッドが発見されて、ここが地底都市のシャンバラではないか、という話が飛び交っており、米国政府も調査団を送りこんでいるようです)、そして、あの「モントーク・プロジェクト」につながっていく、という、本当におとぎ話のような、スケールの大きな話への展開を見せます。

前置きはこのくらいにして、まずは、そのインタビュー記事から。

古い記事です。情報提供者のアレックス・クリストファーが、リーディング・エッジ(Leading Edge International Research Journal)という歴史あるサイトのインタビューに応じたときの内容。(1996年6月1日) 

ラジオで生放送されたもので、途中から、ラジオの聴取者たちが電話で参加して、クリストファー女史が、それに答える、という形式になります。



翻訳ここから。

基本的に原文に忠実に訳してありますが、忠実に訳すと意味が通じない箇所に限り、やむなく意訳してあります。

Denver International Airport
The KSEO 4/26/96 Interview
with Alex ChristopherAuthor of Pandora's Box and Pandora's Box II

記事ソース:http://www.think-aboutit.com/aliens/ac.html

このインタビューから得られた情報は、非常に刺激的です。

いまだ、合衆国をコントロールし続けている英国について、そして、合衆国の官公庁にいるナチス、毎年、行方不明になっている大勢の子供たちに何が起こっているのか、デンバー空港の目的と特定の血筋を持つ人々の大量虐殺について、実に刺激的な情報を提供してくれました。

もし、あなたが気弱で神経質である傾向のある人なら、deleteボタンをクリックして、このサイトから出て行かれたほうがよろしいでしょう。このまま読み進めることを選んだ場合は、これから出てくる身の毛もよだつような情報のいくつかには、心の準備をしておいてください。

以下は、「パンドラの箱」、「パンドラの箱Ⅱ」の著者、アレックス・クリストファー氏へのリーディングエッジ研究グループによるインタビュー(1996年6月1日)の転載です。

以下、インタビュアー=DA (Dave Alan, Host) 、アレックス・クリストファー=AC(Alex Christopherラジオの聴取者たち=C(このインタビューはラジオの生放送形式)

(管理人:また、アレックス・クリストファーという名前はペンネームのようです。この人は女性です

■記事中の注目のキーワード:
・モントーク(Montauk)、
・フィル・シュナイダー、
・大深度地下基地、
・レプティリアン(Reptilian)、
・デンバー空港のフリーメーソンの影響、
・行方不明の大勢の子供たち、
・米国(デンバーの)不動産を買い占める英国女王、
・NWO(新世界秩序)、
・ジョージ・ブッシュ、
・エリア51(Area51)、
・ドゥルセMKULTRA(ドゥルセ=Dulce、スペイン語、英語の発音では「ダルシー」。自分で検索する場合はダルシーで)

        ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
                    
DA:今夜のゲストは、「パンドラの箱」の著者、アレックス・クリストファーさんです。クリストファーさんは、著書の中で、この二百年の間、ワシントンD.C.を使って、英国がアメリカを操ってきたことについて暴露しています。

みなさんは、自分たちが自由であると思っているのですか? このくだらないことは、長い間続けられてきたし、これからも続くのです。

アメリカ人である我々は自由で独立している、と思い込まされていますが、実際のところ、英連邦に従属させられているのです。

彼女(アレックス・クリストファー)は、ここに多くの情報を持っています。
より詳しい情報を聞くためには、再び彼女をお呼びする必要があるでしょう。そして、今夜、お出で願いました。

私は、昨夜、彼女と話しました。 まさしく魅惑的な方です。彼女はモントーク・プロジェクト(Montauk Project)、地球外の影響、およびその他に関して話してくださることと思います。

では、アレックスさん、どこから始めましょうか?

AC:(会場の)どなたか、私に話しかけてください。そうすれば、その問題について話すことから始めたいと思います。

DA:昨夜、アレックスと私は、いくつかのことについて話をしました。デンバー空港について、そこで起こっていることについて話をしました。そして、モントーク・プロジェクトと、アル・ビ-レック(Al Bielek)についても、少し話をしました。そして、アレックスが書いた「パンドラの箱」に書かれている、いくつかのことについて話をしました。

(管理人:モントーク・プロジェクトから一部抜粋。

「タイムトンネルには、ダンカン・キャメロンや後述するアル・ビーレックの他、金髪碧眼の典型的なアーリア人の特徴をもつ、10歳から16歳ぐらいの少年、 通称『モントーク・ボーイ』(グレイがアブダクトにより集めてくるともいわれる)が送り込まれ、火星の探査、歴史への干渉などが行われた。

キリストの暗殺を謀ってタイムトンネルが開かれたり、紀元6037年にトンネルを開き、廃虚と化した都市(実は火星)にある「黄金の馬の像」に刻まれた碑文の解明に努力 を費やしたりしたということである」・・・


あなたは、英国女王が匿名でコロラドの多くの土地を買い占めていると言いましたね。その英国の話題から始めましょうか。

AC:わかりました。
最初に「パンドラの箱」に書かれていることは、この国(アメリカ)の大企業、鉄道、銀行が、元々は※1ヴァージニア会社として知られていた信託を通して設立され、その後、このアメリカにどのように関わってきたかについて書かれています。

フランス革命のときに、フランス王室の粛清から逃れた、ある一人の人間がいます。それは、マリー・アントワネットとルイ16世の王子でした。王子は、こっそりフランスから脱出して生き延びたのです。

※2生き延びた王子は、イギリス経由で合衆国に渡ってきました。そして、そこでヴァージニア会社との契約書にサインしたのです。王子は、合衆国の、特に銀行業を助けるためにやってきたのです。

取引は、すべてがイギリスのコントロール下で行われました。

それは、イギリスの言いなりだったのです。
そして、そのことは、現在にまで至っています。

取引の方式が、英国君主に遡ること、そして、すべてがその影響下のあるのです。

アメリカの人々が、イギリスから完全に独立を勝ち取ったと思い込んでいるようですが、この考え方には唖然としてしまいます。事実、イギリスはアメリカを手放してなどいないからです。

※1ヴァージニア会社:
イギリスのVirginia Company(ヴァージニア会社)は、イギリス国王ジェームス1世から植民地開拓の特許を得たが、その範囲は、北は現在のカナダとの国境で南はノースカ ロライナとの境までと決められていたが、西限は定められていなかったため、イギリスは、アパラチア山脈より西の地域も当然に自らの領土と主張した。そこで 1748年にOhio Company(オハイオ会社)を組織し、植民地開発に乗り出した)。
http://usnp.exblog.jp/tags/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9/

※2 その王子(=ドーファン the Dauphin)とは、ルイ17世のことで、洗礼名からルイ=シャルルLouis-Charles de Franceと呼ばれていた。ルイ17世は、若くして獄死したことになっていますが、実は替え玉で生き延びていた、という説が有力。その後、DNA鑑定などが行われたものの、依然として謎の多い人物。(Wiki ルイ17世)

DA:さて、ブッシュ大統領を見てください。二年前、彼はイギリスに行って、女王からナイト爵を授けられました。いったい、彼のどこにナイト爵を授けられる理由があるのでしょうか。彼が英国王室の忠実な使用人であったということですか?

(管理人:カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、大洋州のほとんどの小国は英国王室・ウィンザー家を君主とする国々です。それが証拠に、これらの国の紙幣には英国女王の肖像が描かれています。これらの国々は、いまだに英国王室の属国なのです。
参照:世界の君主国一覧

アメリカは、英国王室の番頭さんとして、英国王室支配下にある、これらの国々を束ね、世界中に戦争を仕掛け、英国王室の「目の上のタンコブ」だった日本の皇室をつぶすために、アメリカを使って原子爆弾を落としたのです。これが、太平洋戦争、第二次世界大戦の目的のひとつ。つまり、世界のパラダイム再編だった。

しかし、世界最大にして、最古の日本の皇室が、英国王室の召使・アメリカに干渉され続けてきたというのは、なんという皮肉でしょう。

そして、英国王室は、日本の皇室に、お世辞にも上品とはいえないネーミングの「ガーター勲章」という勲章を踏み絵として押し付けました。
「彼ら」はこれを受け入れた日本を手なづけた、と思い込んでいるのでしょう。

こうしたことから、アメリカとは、英国王室の下請け企業群に過ぎないことが分かります。それが北米という領土を与えられると、さも国家であるように作動するのですから、世界最大の悲劇は、いまだ洗脳から覚めないアメリカなのかもしれません)


AC:人々は賭けをしているのです。
もう、あらゆるものが賭けをしているのです。

そして、それらは、すべて秘密結社と、新世界秩序のエスタブリッシュメントたちに行き着くのです。そう、すべてが英国王室のウィンザー家に導かれていくのです。

この国において、人々は長い間、英国君主の入札に営みを置いてきたというプロセスがあります。
ローズ奨学生にかかわるシステムが、この事例の1つです。

セシル・ローズは、合衆国を「新世界秩序」まで運ぶために、アメリカを綺麗に身支度させてきたのです。
英国の君主が、とても巧妙に、このことについて計画を練ってきたことを発見することができたし、それが露わになってきたのです。

そして、迫りつつある地球の大変化を伴う宇宙のカオスについて、私たちのうちのごくわずかな人たちが知っていた情報についても、感知することができたのです。

イギリスは、これらの変化を切り抜けることはできないだろう、と理解しているので、彼ら(英国君主の一族)は、ここアメリカに新しい帝国を打ち立てる、というわけです。

それは私たちが以前、コロラドの土地が買い占められていることについて議論した事柄に、行き着くわけですね。

DA:買い占められたエリアは、かなり標高の高い場所だから、安全だろう、ということですね。

AC:はい。
そのうえ、新しいデンバー空港のレイアウトで明らかに露出されている、すべてのシンボリズムが、デンバー空港一帯が「世界をコントロールするためのコントロールセンターである」ことを物語っています。

この空港には、多くの秘密結社の記号論的な「しるし」があります。
私たちは、それらの記号論的な「しるし」に、どんな意味があるのか、それらのすべてについて調べ始めたのです。そのすべてが、非常に恐ろしいものでした。

過去にいくつかの非常に珍しい政府のプロジェクトにかかわった※アル・ビーレック(AL Bielek)という名前の紳士は、デンバー一帯が、新世界秩序の西洋セクターが設立されるための場所である、と私に話しました。

これは、ほんのわずかなサジェスチョンでしたが、今まで私が確信できなかったことについて、しっかりと確信できるようにしたくれたことです。

※アル・ビーレック(AL Bielek)とは、例のモントーク・プロジェクトに関わった中心的人物。

http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/465.html
(↑この方の見方によると、地球変動のカオスを乗り切るのは、特定の血流の人々。つまり、アセンションや、ラプチャー『聖書の空中携挙。あるいは、日月神示に出てくる『ケイキョ』/管理人は、日月神示は、「正」の世界から出てきたものではない、と思っています/を待望しつつも、「特定の血流の彼ら」は、“そんなこと知ったこっちゃない”というわけらしいです。

オバマが「2030年までにアメリカは火星への有人飛行を成功させる」と演説した背景にも、これがあるのでしょう。つまり、
「Alternative3=第三の選択」に深く関係している、ということです)

DA:あなたはジョン・コールマンをご存知ですか?

AC:「三百人委員会の本」を書いた人のことですか?

DA:はい。
それについて、あなたは、どのような見解をお持ちですか?

AC:私は、彼の情報は空想的である、と考えています。
私の書いた「パンドラの箱」にある情報を、コールマンの情報と一緒に編集して入れるとしたら、彼の、こうした考えは吹き飛んでしまったことでしょう。

私の見地からすれば、この情報素材を両方セットにすることは、手に手をとって行くことでしょう、まさしく線の下側に。

(管理人:
真実を薄めてしまう、ということ。つまり、ジョン・コールマンの「三百人委員会」など一連の本に書かれてあることは、絵空事?と言いたいようです。

彼は、元MI6の将校でしたが、英国王室に雇われたディスインフォーマー?彼は、退役した今も忠実な僕だということ?管理人には、これ以上の想像力が働きません)

「300人委員会」ジョン・コールマン博士の迫る破局 生き残る道

DA:「私たちアメリカ人が、このアメリカを自ら運営しているのだ」と英国の「彼ら」が信じ込ませている間は、英国のアメリカへの侵入に気が付かないし、アメリカの大地を支配していくことを許してしまうでしょう。

英国はロシアの専制君主制に、どのような言い訳をしてきたのか、そして、社会主義革命をどのように推し進めてきたのか…… 彼らが言ったような、英国は「陽の沈まない国」なのです。

ところで、デンバー空港の、これらのものについて議論していただけますか?

AC:デンバー空港で私が最初に注意をひきつけられたものは、フリーメーソンのシンボルが焼き付けられた笠石(頂石)でした。それかせ、とても珍しいものだったので、実際に空港に行って、見てみたくなったのです。

DA:笠石(頂石)?

AC:そう、笠石、あるいは献納石。
デンバー空港のための石ですが、その上にフリーメーソンのシンボルがあったのです。

20100613-8.jpg


20100613-9.jpg

私たちのグループ全員が、その笠石を見るために、デンバー空港に出かけました。

その笠石の中には、タイムカプセルが埋め込んであるのです。
詳細記事:http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-147.html

その石は、「Great Hall」と呼ばれている空港ターミナルビルの南東の端に置かれています。フリーメーソンでは、それは「会議所」のことなのです。

そして、石の上には、「新世界空港委員会」について書かれてあるのです。
私は今まで聞いたことがありませんが、あなたは聞いたことがありますか?

DA:まさか。

AC:それはフリーメーソンのシンボルが描かれてあります。非常に珍しい幾何学的なデザインです。

石の上からは、45度の角度を描いて上のほうに伸びているアームを描写しています。アームの頂点には、キーパッドのようなものが取り付けられています。この笠石は、花崗岩とステンレスでできています。
それは、とても高級感にあふれているものです。

アームの先端にあるキーパッドは、他の部分の完成度の高さからすれば、およそ場違いなほど、荒削りで未完成のような木の板です。

私といっしょに、これを見に行くために、この空港に旅行した紳士は、亡くなっています。

人々は、彼は自殺したのだ、と言うのですが、私が彼から聞いたことの中では、彼が自殺するようにことに結びつくことは皆無なのです。彼の首の後ろ側に二重にカテーテルを回して、彼の首を絞めることなど、彼にできるはずはありません。
そんなこと、できるはずがないのです。

彼の名前は、フィル・シュナイダー( Phil Schneider)といいます。彼はエリア51ドゥルセ(ダルシー。ニューメキシコ)、および他のいくつかの場所の地下基地で働いていました。

彼は、何年もの間、地下基地の建設に携わってきましたが、いろいろな事情を知るにつけ。世間に向けて警鐘をならすようになりました。

シュナイダーは、そのキーパッドは、エイリアン指向のテクノ幾何学の形のように見えるし、方向システムと関係があるように見えると私に話ました。どういう意味であれ、それがホーム・ビーコンのような機能を持っており、船を「Great Hall」に正しく誘導するためのものである、言ったのです。

この笠石が設置してある同じフロアーには、フリーメーソンの最も珍しいデザインが現実にあります。それは、「黒い太陽」に導くものです。(写真)

20101011-3.jpg

エディター・メモ:
それは、モントーク・プロジェクトの実験と関係があります。

アル・ビーレック(Al Bielek)によれば、フィル・シュナイダーの父親は、ナチス政権下ではU-ボート(ドイツの潜水艦)の艦長であった。そして、1943年、エルドリッジにいた人間だというのです。) それはナチスの記号論につながっています。

見てください、おそらく秘密結社は太陽崇拝だったのです。ナチスのそれは、「黒い太陽」崇拝につながってきます。
それは、「土星」が持っている意味に通じています。土星と悪魔崇拝は、同じ種類のもので、手に手をとっているのです。

そして、この空港には、今まで見た中で最もグロテスクな壁画があります。

(管理人:
フィル・シュナイダーの父親がナチスに関係の深かった人物ということから信認を得て、トップシークレットの地下基地の建設に携わるようになったのですが、「彼ら」にとっては、そのシュナイダーがエイリアン??の秘密を暴露し、裏切り行為をやったということから「粛清」されてしまったのでしょうか。

同じく、
ウィリアム クーパー(William Cooperも口封じのために暗殺された、ということになっていますが)

DA:その壁画とは、どんなものですか?

AC:そこに書かれているのは、過去に起こったことであるとか、幻想であるとか、そういうものではなく、その壁画をつなげて全体を見てみると、これから私たちの身に起こること、まさしく彼らが計画していることであると思います。

その壁画のうちのひとつは、非常に珍しいもので、亡くなった人が納められている三つの棺桶の絵なのです。そして、彼らが、それを取り囲んでいるのです。

20101011-8.jpg

DA:それは、スカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones、S&B、頭蓋骨と骨)につながっている「儀式」の様子を描いたものです。

AC:そうですね。
明らかに、彼らは、死んでいるのに会いたがっている人々の3つのグループがあります。この絵には、3つの棺が描かれていますが、向かって右側の棺。

この絵を描いたアーティスト(壁画を描いたLeo Tangumaのことでしょう)が私に言ったように、それはユダヤ人のアメリカ人の少女です。この少女は、胸に「五芒星(黄色のペンタグラム=ソロモン章、デビルスターと呼ばれているマーク)と、小さなバイブルを抱えています。

20101011-7.jpg


DA:ユダヤの家系は女性はスルーしてしまう……。

AC:そうですね。
さて、これら3つの棺は、すべて死んでいる女性について描写されています。そして、真ん中の棺には、ネイティブ・アメリカンが描かれています。それは、インディアンの女性です。

20101011-10.jpg

残り一つの棺には、黒人の女性がいます。

20101011-9.jpg

私が、これらの壁画の意味について、多くの研究をしなければ、「そんなこと、考えすぎだよ」ということになっていたかも知れません。

私が偶然、見つけた政府の公文書の中にさえ、「彼ら」が、特定の種族の遺伝子を、どのように繋ぎ合わせたいかについての「DNA組み換え技術に関する議論」があります。それらの議論は、ユダヤ人を好ましいと考えていないようです。

これは、いくつかある壁画ひとつに過ぎません。ただし、それは特に大きなものなのです。

(管理人:多少の意訳もあります。
つまり、「彼ら」が気に食わない血流・種族は、ユダヤ人、インディアン、黒人の3つ。それらの血統を遺伝子を繋ぎ合わせて無くしてしまおうという話し合ったことがあるようですが、「彼ら」は、ユダヤ人だけは好きではないようです)


また、この3つの棺が描かれている大きな壁画は、「都市と森林の破壊」についても描写されています。
この大きな壁画の、ほぼ中央には、「文明の崩壊」について書かれたマヤのタブレットを抱えている少女が描かれています。

20101011-11.jpg

大きな剣を持った「緑色のダースベイダー」のような“怪物”を描いた壁画があります。下の絵です。

このガスマスクを装着し、左手にマシンガン、右手に大きな剣を持った、この“怪物”は大きく巨大に描かれています。
そして、死んだ赤ん坊を抱いて道路を歩いている女性の絵があります。(下の絵の左端の茶色の女性)

20101011-12.jpg

この恐ろしい壁画は、もうひとつの別の壁画につながっており、意味づけられています。それが下の絵です。

20101011-16.jpg  

この上の絵は、世界のすべての国々の子供たちを描いています。彼らは、自分たちの国から武器を取り上げています。
そして、この絵の中心にいるのがドイツの少年です。(下の画像の左端の黒い少年でしょうか)

ガスマスクの怪物は打ち倒され、剣を取り上げられて死んでしまったように灰色に変色しています。

20101011-14.jpg

そして、ガスマスクの怪物から奪い取った剣を鉄床(かなとこ)に打ちつけ、曲げてしまいました。

20101011-15.jpg

私は、この行為をしているドイツ人の少年の描写に違和感を覚えたのです。

この空港にある壁画のすべてが伝えているのは、これらの記号論的意味の背後に秘密結社の存在がある、というだけでなく、その秘密結社がドイツの秘密結社である、ということなのです。

そして、その秘密結社は、この(空港の)新世界コントロールセンターの近隣で活動している、ということです。

DA:あなたは、これらすべてのナチが資金提供され、合衆国に準備された「ペーパークリップ」だと考えておられ、それが、再びパワーを取り戻しているとお考えであれば、それは興味深いことです。

AC:さて、私は、(何者かに資金提供され、いろいろ手当てされて準備万端ととのえられた)「彼ら」が、ここにいることを知っています。というのは、この空港の、もっと中枢の、極秘のエリアで、アメリカ人のすぐ傍らで「彼ら」がいっしょにいるところを見ているのです。

しかし、これらの絵が、非常に不吉な感じを与え、本当に珍しいので、この絵を描いたアーティストにコンタクトを取って、この絵について、彼と話をしようとしました。

彼(この一連の壁画を描いたレオ・タングマ=下の写真の人物=のことでしょう)は私に、「(クライアントから与えられた暗示的意味を)この壁画に埋め込み、塗りこめるための指針を与えられた」と語ったのです。

20100613-17.jpg
作者のレオ・タングマ

私は彼のスタジオに行って、彼が取り掛かっていた最後の2つの壁画のガイドラインを見せてほしいと頼んだところ、彼は、突然、固まってしまって、「もちろん、壁画を描くに際しての指針などありませんよ」と私に言ったのです。

これらの壁画全部に塗りこめられている記号論の意味を割り出すのに、他の2人の人間と、8ヶ月の期間を費やしました。
その結果、これらの壁画のいくつかが、「トリガー」であることが判明しました。

つまり、これらの絵の中には、ある特殊なタスクを実行するようにMK-ウルトラ・プログラムが作動していて、人々を人格変化させてしまう引き金となるような記号論的なデザインが含まれているのです。

それらは、悪魔儀式とマインド・コントロールに接続しようという観点で、人々を教育し直すものだったのです。

ある夜、とても憂鬱な気持ちになり、私に電話をかけてきた女性がいました。彼女は、ある情報に関して、心をかき乱されていたのです。彼女は、いろいろなことについて私に話してくれました。

彼女の語ったことは、後になって分かったことですが、MK-ウルトラが発動する引き金として知られている事柄であったことが判明したのです。

これらの壁画のあらゆる局面には、秘密結社に関するシンボルが含まれています。
みなさんは、彼らが話しているこれらのことの全体像を取り込んでしまうことは、大変、恐ろしいことです。

それは、人間の特定の種を取り除いて、代わって世界を支配し、マインド・コントールするものだからです。
それは、まさしく「生物の多様性に関する条約(the Biodiversity Treaty)」に立ち返るものだからです。

下の絵は、あらゆる植物が変質してしまって、有毒なものになってしまったことを示している絵です。

そして、世界中の、ありとあらゆる動物には、フリーメーソン・シンボリズムを意味する文字が入っています。

20101013-1.jpg

このすべてのものを捜し出して、「彼ら」が何を言おうとしているかを理解するには非常に長い時がかかりました。 「彼ら」は、絵を使って、この物語を説明しているのです。

空港ビルに入ると、これらの壁画が目の前に現れます。
ほとんどの人々が、これらの壁画を見て、こういう言うのです。

「おおっ、まるで気が狂っているかのような絵だ。この空港で、いったい何をしようとしているのだ?」。


【参考】

別の陰謀研究家、ウィリアム・タプリー氏(William Taply)の動画。
この動画は字幕の表示設定ができます。
設定の方法:http://www.yomukiku.com/usage.html






デンバー空港の壁画・アルバム



ここからデンバー空港の地下施設について、さらには子供の大量失踪、そしてエリア51、ダルシー基地のエイリアンと続くのですが、あまりにも長い記事なので、ここで、いったん切ります。このインタビュー記事の全体の三分の一弱、というところでしょうか。

この長いインタビュー記事の全体にざっと目を通し、その後、細かい意味を解読していくと、いろいろなことがわっかてきました。記事を書きながら、これまで消化できずにいた疑問が、次々と氷解していくのです。

【デンバー空港の壁画の秘密を解く】は、かれこれ4ヶ月前に書いた記事です。

この壁画を見たとき、これは間違いなく「この絵を見た人たちに、何らかの行動を起こさせるためのトリガーが仕込んである」と感じたものです。

この空港を、ひんぱんに利用する人たちは、本当に注意です。
知らないうちに、識閾下(しきいきか)に、それが埋め込まれてしまうのです。

そして、何かのイベントのときに、それが発動し、善良な人々でさえ、「あるタスク」に駆り出されてしまうのです。

この一連の壁画が織り成す物語は、新世界秩序を遂行しようとしている秘密結社のシナリオを描いたものである、ということ。このインタビューに応じたアレックス・クリストファーは、

「私は、(何者かに資金提供され、いろいろ手当てされて準備万端ととのえられた)「彼ら」が、ここにいることを知っています。というのは、この空港の、もっと中枢の、極秘のエリアで、アメリカ人のすぐ傍らで「彼ら」がいっしょにいるところを見ているのです」

と語っているのですが、これはCIA職員がデンバー空港の要所にすでに入り込んでいる、ということなのでしょうか。

しかし、それは間違いかもしれません。。

この秘密結社とは、なるほど……

確信はありませんが、それはDVDのことかもしれません。

あのクリストファー・ストーリー氏が暴露したドイツ・ミュンヘン郊外ダッハウにある「地図にも載っていない場所に活動拠点を構えている」秘密組織のことです。

DVDそのもの、ということではなく、一部はCIAと連携を取り、一部は、デンバー空港の運営に当たり、オカルト的示唆を受けているのかも。

彼らのコンセプトのコアには、優生学があることは間違いないようです。

いったい、彼らの遺伝子に対する執念は、どこから来るのでしょう。
その上流には、ウィンザー家を始めとする貴族たちの「特殊な血流」への並々ならぬこだわりがあるようです。

「彼ら」がデンバー空港の壁画で暗示しているように、「生物の多様性に関する条約(the Biodiversity Treaty)」ということが、マスコミで頻繁に取り上げられるようになりました。温室効果排出ガス規制に絡んで、何を残すか…… どの種を淘汰させて、ある種と別の種を掛け合わせて、存続させる、などということが人間に許されていいのでしょうか。

そして、エリア51、Dulce(ドゥルセ、ダルシー)地下ベースで何が行われているのでしょうか。

この記事は、まだまだ続きます。





生物多様性とは何か (岩波新書) [新書]
井田 徹治 著  新品 756円 通常配送無料   


生物多様性とは何か (岩波新書) [新書]





関連記事
       
NEXT Entry
元気すぎる奇妙な33人の人々
NEW Topics
サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ
金融エンドゲームと銀(シルバー)価格の上昇トレンド
中央銀行がIMFのデジタル通貨を受け入れる恐いイベント
今秋からの市場の全面崩壊が資本主義の息の根を止める
景気後退へ突入!これから始まる本格的なゴールドの上昇
クラッシュ目前!中央銀行が現金を廃止したい本当の理由
ドルの終焉に備えるJPモルガンと最強!ロシアの暗号通貨
秋以降に市場転換で、ほうぼうでクラッシュ始まる!?
シリコンバレーと情報機関は影の世界政府のフロント
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密②
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①
エプスタインの罠に嵌ったイスラエルの奴隷・トランプ
メルケルの「震え」と、座して死を待つドイツ銀行
金本位制とイラン=トランプの裏側で起こっていること
大祓の神「瀬織津姫」の正体と天皇の生前譲位の理由
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top