カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   陰謀  »  あなたはアメリカの大規模な偽旗作戦に対処できますか?
       
mag20131015-1.jpg
核弾頭が秘密裏にテキサスからサウスカロライナに移されたという「うわさ」

オバマ政権下の米国政府が、再びアメリカ国民を核のパニックへ引き込もうとしています。
デフォルト危機と同時に、米軍のICBM(大陸間弾道ミサイル)の核弾頭が秘密裏にテキサスからサウスカロライナに移されたという情報が駆け巡っています。
背景に、新たな「大きな偽旗作戦」の臭いを感じ取っている人々が大勢います。



※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月15日、配信済です。
mailmagazine-banner.png


アメリカの核ミサイル司令部のセキュリティがブレイクダウン

先月の9月3日、アレックス・ジョーンズのInfowars.comに、核弾頭が米国本土の別の場所に移された、という報告が寄せられました。
これは、infowars.comにたびたび寄稿しているライターでアナリストのアンソニー・グァシャルディーが、米軍内部のハイレベルの情報筋から得た情報とのことで、テキサス州のダイアス空軍基地(Dyess Air Force base)にある核弾頭が秘密裏にアメリカ東海岸のサウスカロライナ州に移されたことは確かだというのです。

核弾頭の移動に際しては、なんら公式の指令、もしくは行動指令記録も出されなかったと、そのハイレベルの情報筋は語っているということです。つまり、完全な極秘任務であったと。

核弾頭が米国本土を移動した翌日の9月3日、サウスカロライナ選出のリンゼイ・グラハム上院議員は、イランの核兵器開発問題に絡めて、「アメリカがシリアとイランを攻撃しないのであれば、テロリストに渡った核兵器が、チャールストン港で爆発するかもしれない」と述べたのです。

この国会議員の公式の場での発言には、完全に企業の私物となったアメリカの主流メディアでさえ、びっくりして思わず目が吊り上ってしまったでしょう。
しかし、一方ではそれよりずっと多くの独立系メディアは、これもまた偽旗攻撃の文脈であることを示している、と見ているのです。

アメリカの核兵器を統御している司令部の上級メンバーと、空軍の核兵器庫の最高責任者の二人が、命令権をはく奪されたことを知ったのは、つい先日、10月11日のことです。

このことは、アメリカ国内の数ヵ所にある秘密の核兵器コントロールセンターの内部で、いったい何が起こっているのか、多くの人たちが関心を寄せ、アメリカの核兵器の安全対策に懸念を投げかけることになっています。

AP通信(ロックフェラー財閥が出資している通信社として知られている)の報告は、われわれの想像をはるかに超えた困難な状況を示しています。

あなたは、「新しいタイプの偽旗作戦に対処する心の準備ができていますか?」。

つまり、「やっばり、米軍はシリアを攻撃すべきだ」という愚かな国際世論によろめかないように、しっかりした情報を取り入れましょう、というお話です。

メルマガ22号のメニュー
・今日の視点-「人とは別のアングルから見てみる」
・メイン記事-「あなたはアメリカの大規模な偽旗作戦に対処できますか?」
・メディアの裏側-「自治体が観光客のビッグデータを活用」
・禁断のマーケティング-「奨学金という借金制度で確立したアメリカの『経済的徴兵制』」


※この先は有料メルマガで。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月15日、配信済です。
mailmagazine-banner.png

★次回は第23号配信。10月18日の金曜日にお届けします。



メルマガが届かない、解除の方法が分からない、有料メルマガの購読、課金に関するお問い合わせは、 reader_yuryo@mag2.com までお願いいたします。

メールが届かない方は、「まぐまぐ」のブラウザ上で読めるサービス『Mag Mail』 をご利用ください。
先にマイページに入ってから、下のリンクをクリックすれば『Mag Mail』に入ることができます。
http://my.mag2.com

メールが届かない場合でもこの『Mag Mail』にアクセスしていただければ、必ず読むことができます。

また、Gmailの場合、メルマガが迷惑メールとして処理されてしまうことがあります。その場合は、下記を参考に設定の変更を お願いします。
http://www.mag2.com/read/gmail.html



『カレイドスコープ』のメルマガ
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
購読解除はマイページより行うことができます。
https://mypage.mag2.com/Welcome.do(PC・スマートフォン用)

https://mypage.mobile.mag2.com/Welcome.do(携帯端末用)


※銀行振込をご希望の皆様、大変ご不便をおかけしており申し訳ありません。
もう少しお待ちください。




関連記事
       
NEXT Entry
デフォルト騒ぎは米・連邦政府民営化のリハーサルだった
NEW Topics
世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動①
アジアのリーダーの復活と北朝鮮でこれから起こること
第二のベルリンの壁崩壊と東洋の新世界秩序の誕生
米中貿易戦争の真相と迫る世界株式市場の崩壊第二波
5G電波と全方位監視から逃げるための都会脱出計画を!
多元宇宙「あの世」との通信は可能だが悪魔も招来する
スマートグリッド、量子コンピュータ、メガロポリス
2年後、いよいよ「5G」ビーストが電磁波攻撃を開始する
テクノロジーの勝者が独占する新世界秩序(NWO)・・・
デンバー空港のエイリアンと壁画に描かれている金髪碧眼のドイツの少年、バロン・トランプ②
デンバー空港のエイリアンと壁画に描かれている金髪碧眼のドイツの少年、バロン・トランプ①
夜は千の目を持つ
「百匹目の猿現象」はどのようにして都市伝説化したのか
太陽黒点観測所閉鎖の真相と軽井沢の巨大地下施設の正体
プーチンのポスト・ソビエト鉄道が日本列島を縦断する
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サブサイト(更新停止中)
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
株価&為替ボード
リンク1-反世界政府主義
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top