カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   経済崩壊  »  リンゼイ・ウィリアムズ/2015年はすでに始まっている
       
mag20140820-1.jpg

「BRICSがIMFと世界銀行に対抗するために新開発銀行を設立した。
これは、ひとつの兆候だ。
私は、もう当分の間はラジオ番組に出演しない。
人々が、この出来事を見るとき、私のエリートの友人が、何について話していたのかが分かるだろう」。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png

すでに204ヵ国が国際通貨のリセット時には自国通貨の切り上げに合意している



・・・・・「IMFが国際通貨(ドル)をリセットした場合、204の国々が、それぞれの国資産に基づいて、3〜5%の範囲内自国通貨の切り上げに応じることをIMFと合意したようだ」。

このことは、リンゼイ・ウィリアムズが、2013年12月4日の「コールドシーク・ラジオ」に出演したときに語っていることで、公的なファイルなどでは確認が取れていません。

リンゼイ・ウィリアムズが、彼の支援者・ハーキンに「当面は、ラジオには出ない」といったように、2014年になってから、ほとんど露出がなくなりました。

mag20140820-2.jpg

しかし、ニュアンスはどうであれ、世界各国は「IMFによるドルのリセットがあり得る」という前提で、自国通貨の再評価(新しく登場する金に裏付けされた世界通貨とのすり合わせ)を行う準備があると言っているのです。

「このことは、通貨戦争を終わらせて、新世界秩序が金に裏付けされた新しい通貨を完全にコントロールすることを意味する。
そのとき、米ドルの価値は30%下落して、リセットされることになる」とリンゼイ・ウィリアムズは言っています。

また、アメリカ人の退職後の年金についても、このように言っています。
「バンクホリデー(銀行閉鎖)は、もう1年ばかり先になるかも知れないが、その間、民間や州、連邦の退職年金基金の約30から50%の部分が、いずれは国有化されるか没収される」


また、リンゼイ・ウィリアムズは、アメリカ人の能力がここまで落ちてしまった主な理由が、各家庭に設置してあるスマート・メーターに使われているマイクロ波テクノロジーのせいであると言っています。

なぜ、人体や脳にダメージを与えるマイクロ波(電子レンジや携帯電話から出ている広義の意味での放射線)技術が使われているスマート・メーターが設置されるようになったのかというと、 グローバル・エリートが一般大衆に仕掛けようとしていることを阻止しようとしている人々を、無抵抗にしてしまうためであると言っています。

リンゼイ・ウィリアムズはかつて、マイクロ波兵器の開発に従事していたバリー・トラウワーの研究、この情報を確認したと言います。
この記事の半分下に、バリー・トラウワーの字幕付き動画があります))

彼は、2
013年10月9日に開催された国際通貨基金(IMF)の会議に関して、ちょっとしたリポートを紹介しています。
それは、「タキシング・タイムズ(Taxing Times 時間に課税する)」という題がつけられているレポートです。
このレポートの中で、IMFは、アメリカに以下のことを勧告しています。

「増加税:新資本規制として、退職年金基金を没収し、国の負債比率を2007年の金融危機の前の水準に戻す」

そのIMFのレポートは、※このpdfファイルです。タイトルは“Taxing Times”とあります。
本当にIMFは、アメリカ国民の資産を没収しようとしているのです。
(※メルマガ62号パート2の「リンゼイ・ウィリアムズ/「2014年7月1日から、米ドルが30%下落する」 (続き その3) に詳述あり。)

これは、日本の現政権のおかしな政策を見れば一目瞭然です。
死亡消費税、貯蓄税、相続の廃止等々・・・自公政権が、国民のために独自の政策を策定することを止めて、ひたすらIMFの勧告を利用して、増税一直線に突き進んでいることでも分かります。

日本は安倍政権によって、新世界秩序の完全奴隷世界に突き進んでいることは確実です。



メルマガ71号のメニュー
・パート1
-脱力の時間-
直感と直観
-世界政府と「666」-
エホバの証人-ヤハウェ(唯一神)とすり替えられた世界統治者「666」

・パート2
-新世界秩序とDEMON-CRACY-
「民主主義」とは、世界支配層が発明した新世界秩序のマントラ
-経済崩壊-
リンゼイ・ウィリアムズ/2015年はすでに始まっている
-世界政府主義-
グローバリゼーションとグローバリズムと八紘一宇の違い

-編集後記-
3.11の巨大地震震源域で、日米の海底探査船が金銀のありかを探している!?


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png




関連記事
       
NEXT Entry
Gmail宛のメルマガが閲覧できないトラブルについて
NEW Topics
カルロス・ゴーン逮捕劇の背後には日米安全保障が
世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動②
世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動①
アジアのリーダーの復活と北朝鮮でこれから起こること
第二のベルリンの壁崩壊と東洋の新世界秩序の誕生
米中貿易戦争の真相と迫る世界株式市場の崩壊第二波
5G電波と全方位監視から逃げるための都会脱出計画を!
多元宇宙「あの世」との通信は可能だが悪魔も招来する
スマートグリッド、量子コンピュータ、メガロポリス
2年後、いよいよ「5G」ビーストが電磁波攻撃を開始する
テクノロジーの勝者が独占する新世界秩序(NWO)・・・
デンバー空港のエイリアンと壁画に描かれている金髪碧眼のドイツの少年、バロン・トランプ②
デンバー空港のエイリアンと壁画に描かれている金髪碧眼のドイツの少年、バロン・トランプ①
夜は千の目を持つ
「百匹目の猿現象」はどのようにして都市伝説化したのか
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サブサイト(更新停止中)
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
株価&為替ボード
リンク1-反世界政府主義
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top