カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   陰謀  »  新キリスト降臨の計画
       
「新キリスト降臨の計画」という題です。
「キリスト」というのは「神の意識」のことを言いますね。
ここでいう「新キリスト」とは、「キリスト」と名前はついていますが、いままでのキリスト教の「神」とは別物です。


これまで、アセンションが、ニューエイジの総仕上げのために用意された舞台に過ぎないと、書いてきました。単なるイベントですね。2012年12月23日からですか。24日のクリスマス・イブにはUFOの乱舞が見られるのでしょうか。今から楽しみです。
といっても、100%、インチキと断言できるほどの確信があるわけでもありませんから、あまり大きな口をたたくのは差し控えます。

さて、私がもっとも興味があるのは「悪魔」と言われている存在についてです。「666」の正体についても、なんとなくわかってきました。ただし、あくまで私の「アイデア」です。今のところは、引き合いに出す文献などがないので、あくまで直感だけ。このシリーズの最終着地点は666って何?です。一回で書けませんので、数回に分けて書いてみますね。
SFの御伽噺の類と思っていただければ、書くほうも気が楽になります。

それはそうと、もうすぐ(数年後、5年以内?)世界の宗教が「消された」後に、ロードマイトレーヤなる人物が出てきて世界の人々を真実に導くことになっているそうです。宗教ではないそうなので、この人のことを「世界教師」と呼んでいます。その準備に余念がないベンジャミン・クレームさんという人が、特に2008年頃からマイトレーヤの登場をお膳立てするために、いっそう精力的に活動をされていらっしゃいます。日本での講演会なども、そこそこ盛況のようです。




1988年、ケニアのナイロビに現れたマイトレーヤ様のお姿です。




これは、比較的最近のご尊影らしいです。スタイリストさんが付いたのでしょうか。大分、イエス様に似てきました。
ソース元:http://www.deceptioninthechurch.com/maitreyapics.html
日本語サイト:http://www15.ocn.ne.jp/~miracles/html/nairobi.htm

このニューエイジのイベントに登場することになっているメシヤ・ロードマイトレーヤについては、過去、私が読んだ本では、「世界大予言年表 ・諸世紀の秘密」高橋良典著(自由国民社)の中に記述があったのを覚えています。
確か、196○年の2月(○は忘れました)生まれのみずがめ座のアラブ系の男で、身長が190cmあるそうです。ヨーロッパのある町で徹底的にマイトレーヤとなるべく教育を受けている、と書いてありました。今年、45歳くらいになるのでしょうか。この人で間違いない、と思います。

1988年、ケニアのナイロビに現れたこのマイトレーヤは、会場で奇跡を演じた後、用意されていた車に乗って立ち去ったそうですが、途中で何を思ったのか車を降りて、ふっと消えてしまった、と目撃者がふれまわっています。これがマイトレーヤは霊的存在だと、言われるきっかけになった、と言われています。
でも、目撃者はひとりなんです。


ベンジャミン・クレームさん主宰のブログ。
http://sharejapan.org/
ここに書かれてありますが、例のノルウェーの渦巻き、あれはロードマイトレーヤの出現を祝福する天の印し、だそうですよ。イエスが誕生したときの「ベツレヘムの星」をシャレこんだ「神様による演出」なのでしょうか。
天界から私たちにチャネリング・メッセージを送ってくれるマシュー君は、確か、あの渦巻きは「オバマ大統領のノーベル平和賞受賞を祝福するUFOだ」と言っていました。どちらかが嘘を言っていることになります。私は両方とも嘘を言っていると思いますが。

ノルウェーの渦巻きはレーザーか、プラズマだと思います。人工的につくったものであることは間違いありません。ネットに上がっているきれいな渦巻きの写真は、長時間露光によるもので、肉眼で見た人によると、「実際はもっと暗く、渦を巻いていなかった」そうです。
私の知り合いが、これと似たようなことをイベントでやっています。どうせなら、もう少し楽しく騙してくれないと、つまらないです。

ベンジャミン・クレームさんの活動が2008年辺りから盛んです。東京公演(youtube動画)で満員盛況。
http://www.youtube.com/watch?v=JHqncRa4fcA
2008年5月、東京・日々谷公会堂で行われたマイトレーヤに関するベンジャミン氏の講演会。満員盛況ですかね。

そのベンジャミン・クレーム講演会に参加した方の体験談
http://ila.blog.ocn.ne.jp/lifeislight/2008/05/post_1ce7.html
窓に表れた奇跡の十字架はホログラムではないか、と書いてます。

ベンジャミン・クレーム主宰の伝道瞑想教室
http://sharejapan.org/bcworks/tm.html
こうして魔界とチャネリングさせて、ルシファー意識を注入しています。

まあ、こんなところでいいでしょうか。
さらにベンジャミン・クレーム氏について知りたい方はこちらの動画を。

Benjamin Creme ベンジャミン・クレーム氏インタビューPART2


Benjamin Creme ベンジャミン・クレーム氏インタビューPART2


このテレビ番組の司会者、結構ヅケヅケつっ込みいれてます。ベンジャミンさんもタジタジですね。
この人、明らかに肝心なことははぐらかしています。自分がみょうちきりんなことを言っているのをわかっているのです。ただ、なんとしてもマイトレーヤを世に送り出さなければ、という使命感に溢れています。スケジュールどおりやれよ、と脅されているかのようです。
こういう気の弱そうで純朴で、熱狂的な人が取り込まれます。いい人なんです、ベンジャミンさんは。
でも、本当の奥の奥にあることは何も知らされていないんです。

このマイトレーヤさん、ベンジャミン・クレームさんたちは、下っ端の下っ端です。ニューエイジ最終章の後、世界統一政府ができた暁には、彼らが目でたく144000のスーパー・エリートの仲間入りができることを願っています。

そういえば、ロス茶イル度、六苦笛辣さんも、下っ端のほうですか。大親分はもっと上の上のほうにいます。次回のアップで、その輪郭を浮き彫りにできるかもしれません。トライしてみます。


それには、神智学協会のブラバッキー夫人、それに私淑したアリス・ベイリーと国連の関係にふれなければなりません。なかなか、込み入った作業です。


下の本の翻訳者:石川さん。この他、ベンジャミン・クレーム氏の本の翻訳だけでなく、講演会のときの通訳をも務められている方です。


キリストの再臨単行本)
アリス・A・ベイリー著  石川道子訳  1575円

キリストの再臨




関連記事
       
NEXT Entry
ルシファーが国連に入り込んだとき
NEW Topics
クラッシュ目前!中央銀行が現金を廃止したい本当の理由
ドルの終焉に備えるJPモルガンと最強!ロシアの暗号通貨
秋以降に市場転換で、ほうぼうでクラッシュ始まる!?
シリコンバレーと情報機関は影の世界政府のフロント
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密②
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①
エプスタインの罠に嵌ったイスラエルの奴隷・トランプ
メルケルの「震え」と、座して死を待つドイツ銀行
金本位制とイラン=トランプの裏側で起こっていること
大祓の神「瀬織津姫」の正体と天皇の生前譲位の理由
欧米の計画的な没落は中国をNWOのフロントにするため
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ⑥⑦
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ⑤
姉妹サイトと会員限定ウェブマガジンのスタート
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ④
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top