カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   経済崩壊  »  2012年、アメリカで革命が起きるというセレンテの予測
       
20110208-1.jpg

先行き予報官・ジェラルド・セレンテは、「憎いほど的中させる未来予報官」として、全米で有名です。
セレンテは、米国経済が2011年からさらに一層悪化することにより、2012年には、アメリカで革命の火の手が上がる、と予測しています。
この予測は2008年にメディアに対して行なったものですが、状況はセレンテの予報どおり進んでいるようです。

------------------------------------

実は、年末・年始にかけて、アメリカのサイトには、2011~2012年の予測が続々とアップされていました。もの凄い数です。
ほとんとがアメリカの経済崩壊に関するものです。
お馴染みのパニック・プロモーターや、経済アナリストたち。そしてユダヤの預言などが目白押し。

管理人の備忘録としても、一応、主なものだけリストアップだけしておきます。宗教的な預言の類も含めて、いろいろです。
後になって、内容のしっかりしているもの(論理的なもの)は翻訳するかもしれません。

2012年:ユダヤ暦5773年にメシアがやってくる、というゾーハルとユダヤ人の透視
2012: A Kabbalah Perspective from Zohar and Jewish year 5773 coming of the Moshiach (Messiah)

ビデオ:ジェラルド・セレンテの2011年の傾向
Video: Trends for 2011 by Gerald Celente

2011年9つの予言(煽り系サイト・ジェフ・レンス)
Nine 2011 Predictions(Rense.com)

2011年は「アメリカの終わり」の始まり-二重底の景気後退は、今後10年間の不況になる
2011 – The beginning of the End of America – Double Dip Recession turns into 10 year Depression

「ハルマゲドンが地球を破壊して世界は終わる」と“キャンペーンする”人たち
World’s time is up in 2012 as ‘Armageddon will destroy Earth’, campaigners believe

2011年の11の傾向
Wake-Up Call: Top 11 Trends of 2011

ホピ族と他のインディアンの予言
Hopi & Other Indian Prophecies
(例の予言好きなPaul A Drocktonによるもの)

その他、ディスインフォーマーと言われているソルチャファール(=CIAのデヴィッド・ブース)なども「白馬の予言」など行なっているようです。

もちろん2012年に二ビルが地球に接近したり、ハルマゲドンで地球壊滅などということは陰謀系パニック・プロモーターが大衆の不安心理を煽っているだけで、こんなことは一笑に付すのがいいのですが、アメリカ経済のクラッシュは現実的なことかもしれません。

「現実的なことかもしれません」というのは、そうなっては困る、という管理人のせめても抵抗を表したものです。

上に挙げた先行き予測の記事の中で、たびたび登場するのが、ジェラルド・セレンテ(Gerald Celente)という先行き予報官です。

長期にわたって、「社会にどんな潮流が起きるのか」を予測するのが得意のようです。
その的中率の高さから、煽り屋・アレックス・ジョーンズやジェフ・レンスなどは、必ずといっていいほどセレンテの予測を取り上げています。

過去に起きた大きなトレンドのほとんどを予測し、的中させてきた「先行き予報官」、ジェラルド・セレンテによると、今度、アメリカに9.11のような大きなテロ攻撃が起こった場合、銀行システムの完全停止につながり「バンク・ホリディ」になることは避けられない、ということです。

※ジェラルド・セレンテが過去、的中させた大きなトレンドのリスト。
http://www.trendsresearch.com/forecast.html

アレックス・ジョーンズのサイトには、セレンテが2008年の時点で行なった「先行き予測」の記事があります。
それは2012年に起こるであろうことについての予測です。


セレンテが、この予測をしてから、2年少し経った今、現在の情勢とどのように符合しているか確かめてみたいと思います。
もちろん、2012年の兆候は、まだ、すっきりと目に見える形では表れていません。焦げた臭いだけは漂っていますが。

この温厚な紳士は、全米のメディアにたびたび登場し、彼の予測を聞くたびに視聴者たちの気が重くなるのですが、彼に、どういう背景があるのかは調べていません。

ただ、単なる予測ではなく、グローバル・エリートたちのインサイダーである可能性はないのでしょうか。
でなければ、これほど臨場感溢れる予測(=予言)など、できようはずがないからです。


20110204-1.jpg
ジェラルド・セレンテ(Gerald Celente)

-------------------------------------------



1987年の株式市場のクラッシュやソ連崩壊をピタリと当てた男は、今、アメリカで革命が起こることを予測しています。

食料暴動、税金反乱など、これらのことすべてが4年以内(この記事は2008年11月のものです)に起こり、テーブルに置く食べ物を確保することが、2012年のクリスマス・プレゼントを買うことよりも重大な関心ごとになるかもしれません。

セレンテは、アメリカが2012年までに未開発国のような状態になって、食物暴動、不法入居者の反逆、税金(不払い)反乱、および労働者の仕事を求めるデモなどによって革命がおきる、と予測しています。

この革命の見通しは、英国防省の2007年のレポートによって反映された概念です。

その概念とは、
「今後30年以内に、富裕層と中産階級との間のギャップがますます広がり、都市の労働者が社会秩序を脅かすことになるだろう。
そして、知識、リソース、スキルなどにアクセスしながら結束するようになるかも知れない。
その上、中産階級は革命的階級になるだろう」

というものです。

このように英国防省は、2007年に予測しているわけです。

20110208-2.jpg

セレンテは、最近のインタビューで、遠からずアメリカで革命が起きることを予測している、と答えています。

「革命が、この国であるでしょう。
革命の兆しは、まだ見えていませんが、やがてはやってくるでしょう。
そして、サード・パーティーが現れるのを見るでしょう。それは、革命への変化をもたらす人たちのことです。

このことで、白昼、ウォール街近くのワシントンD.C.が無血のうちに接収されることになるでしょう。
この無血の一撃は、アメリカの状態が悪化を続けるにつれて、起こる確率がますます高くなります」

とセレンテは予測しています。

「まず、最初に人々がやることは、重税に反対する人たちで結団することです。
人々には、学校税、固定資産税、その他諸々の税金を支払う余裕がなくなっているので、その結団は大きなものになるはずです。
こうしたことの抗議活動が展開していくのを見るはずです」。


「非常に荒涼とした状態になります。
とても悲しいです。

私たちが、かつて見たこともないような大勢のホームレスの人々の群れがあるでしょう。
ホームレスの人たちが暮らすためのテントは、すでアメリカ中で見られていることでしょう。それは、どんどん数を増やすはずです。



20110208-3.jpg


同時に、空き家が立ち並ぶエリアが広がり、そこに不法に住む人たちも、たくさん見ることになるでしょう。
この風景は、アメリカ人が馴染むことのできない景色でしょう。

ますます治安は悪化し、多くの犯罪が発生して人々はショックを受けることでしょう」
とセレンテは言います。


1929年の大恐慌のときでさえ、人々の心は、近代的なドラッグや市販薬、クリスタルメス(覚せい剤の一種)などによって潰えることはなかったというのに。

絶望した労働者階級の人々の心は、どんな人の理解をも超えて、変質してしまうのです。

------------------------------------------------

締め上げられた中産階級は超国家体制を選ぶ

セレンテの、この2008年の予測は現実のものとなりました。
そして、2011年は、アメリカ革命の始まりの年だと予測しています。

世界の中産階級は、自身の階級的な利害において、超国家へのプロセスを形成するため

2008年にセレンテが出した長期予想のこの一節に、彼の本音を垣間見ることができます。

まず、手始めに、アメリカのグローバリストたちは、彼らの操り人形である政府を使って、中産階級を締め上げる。
そして、中産階級が資本主義にほとほと嫌気がさして、(その頃は元)中産階級による世界規模の連合・同盟を形成する。
中産階級自らが、進んで超国家体制の建設にまい進する。

やがて、国家の壁が取り払われて、本当の意味の共産主義体制が確立する。
これは、中産階級自らが選んだ道で、それを陰で操り、道筋をつくっているのがグローバリストたち。

どうも、中産階級のポテンシャルを利用する、という大まかなシナリオがあるように見えてきます。

だから、事実上、すでに破綻している米国であるにも関わらず、米政府は「さらなる債務上限の設定をすべきだ」というガイトナー財務長官の暴走を許しているのです。

傷は深いほどいい。
グローバリストたちは、これを、30年以内に実現しようと考えているのでしょう。

「計画倒産の準備を着々と整えるアメリカ」

あのドナルド・トランプ氏まで、経済崩壊が迫っていることを警告しています。
彼は、もう準備を済ませているのでしょうか。
http://theeconomiccollapseblog.com/archives/even-donald-trump-is-warning-that-an-economic-collapse-is-coming
2012年の米大統領選挙に打って出ることを意識しての発言としか思えません。

自信過剰のサラ・ぺイリンの大統領の目はなさそうです。韓国と北朝鮮の区別もつかないのですから、到底、大統領の座に就くことなど無理でしょう。
http://endoftheamericandream.com/archives/is-sarah-palins-political-career-almost-over

すると、モルモン教徒であり、モルモン教をバックにしたミット・ロムニーと、ドナルド・トランプが有望か?
どちらがなっても、山師には変わりはありませんから、次の大統領で米国は破綻ですね。

本当に厄介なアメリカ。

------------------------------------------------

セレンテの「2011年、注目の11の傾向」

セレンテが主宰するトレンド・リサーチ研究所の2011年の予測が出ています。
【Top 11 Trends of 2011】
これは総括的なもので、購読者の勧誘のための記事ですが、セレンテの2011年の全体の見通しについて書かれてあります。

まるで判じ物のようで、このまま読む限りでは、フラストレーションがたまるばかりですが、暗示として受け取れば、示唆に富んだ予測です。

セレンテが定期的に発行している「トレンド・ジャーナル」の1月中旬号では、“Top Trends 2011”が特集されています。
これは、今年(2011年)の先行き予測の概要です。

1)2011年は目を覚まされる

2011年は、世界中の人々が経済状態がいかに深刻で重大なことになるか、いわゆる、さまざまな解決策が、いかに無意味で手前勝手なものであるか、そして、その結果が、いかに恐ろしいことになるかを、すべからく認めることになるでしょう。

人々は、約束を履行しようとする指導者たちが、いかに無能で、知ったかぶりをしていた連中であるか、だんだん分かってくるので、権威者に問い詰めるだけでなく、権威というものをいよいよ蔑むようになるでしょう。

そして、革命のタネが蒔かれるのです。

2)2011年-崩壊

去年、巷で言われていたトップ・トレンドは「2010年のクラッシュ」でした。
 何が起こりましたか? 株式市場はクラッシュしませんでした。
私たちは知っていたのです。

私たちトレンド・リサーチ研究所は、「トレンド・リサーチ2009秋号」で「株式市場の暴落は予測しない」と書いています。

しかし、2010年、株式市場は、もはや回復の指標を示していなかったし、経済の実況を表すものでもなくなっていたことは事実です。

このときから、実は雇用指数、不動産市場、通貨圧力、国の公的債務問題などの信頼のできる指標は、実のところ、危機と災害の境界を行きつ戻りつしているのです。

2011年は、経済の建て直しに、いよいよ万策尽きた状態になるでしょう。
私たちが予測しているのは、「2011年、本格的瓦解への亀裂」です。


2011年は、今まで、ぐらついていた経済は、いよいよ崩れ始め、通貨戦争が勃発し、貿易障壁が築かれ、経済同盟は分裂し、いよいよ世界大恐慌の襲来が、誰の目にも明らかとなるでしょう。

3)締め上げられる人々

時が経つごとに厳しさは増していき、人々はより貧しくなって彼らの生活を締め上げるでしょう。
財政当局は、義務を果たすために必要な原資を搾り出そうと、いっそう努力を傾けることになります。

問題となるテーマには、さまざまなものがあるでしょうが、どうであれ、政府は、“cut what you give, raise what you take”をお題目のように唱えることでしょう。(cut what you give~ 国民には今までより少なく与え、税金は一層増やす)

4)犯罪の波

仕事なし、金なし、借金あり…これが強いストレスとなって極度に緊張した関係をつくり、まさに導火線に火がつく直前の状態になるでしょう。
この導火線に火がつけば、まさに犯罪のゴールデン・アワーです。

ジェラード・セレンテは言います。
「人々がすべてを失って、もう失うものがなくなったとき、彼らは、それを失う」。
それとは、人間の最低限のモラル)

経済的に極度に追い詰められた人々は、雨露をしのぐための屋根と、テーブルの上の食べ物を求めて破れかぶれの行動を起こし、犯罪的な行為を犯すことなど何とも思わなくなるのです。

5)自由の弾圧が始まる

犯罪発生率が高くなり、取締りを強化せよ、という声が高くなる。
「犯罪にはより厳しく」を合言葉に、“国家十字軍”は、一般の市民を対象に闘争的な態度を取るようになるでしょう。

恐怖が炊きつけた戦争状態では、一度、テロリストではないかと疑われれば、有罪であることが証明され前に、殺されることになるのです。
また、犯罪が極に達して戦争状態になったときは、誰もが無罪であることが証明されるまでは疑いの対象になるのです。


6)代替エネルギー

主流のアナリストには一顧だにされないような実験室、研究チームにおいて、科学的空想家、起業家たちは、かつて不可能と考えられていたにも関わらず、新しい物理学的な原理を組み込んだ法則をつくり上げ(でっちあげ)ようとしています。
彼らは、人間が消費するにあまりある量のエネルギーを解放する装置をつくることに取り掛かっている人たちです。

いったい、それって何ですか?
市場に乗せるまでに、いったいどれほどの時間がかかるのか。
抜け目のない投資家たちは、「それは不可能だ」という懐疑派の声をよそに、2011年こそ新興エネルギーの時代到来とばかり、傾向分析を行なうのです。

7)ジャーナリズム2.0

インターネット革命以来、(インターネットの)トレンドはさらに続いていおり、2011年は、ニュースと情報流通の新しい方法が20世紀の今までのモデルを時代遅れにする年として記されることになるでしょう。

さまざまな境界と言葉の壁を越えて、かつてない情報の到達範囲が広がる中で、ジャーナリズム2.0は、政府と法人メディアが、これまで決して実現できなかった方法で、人々に大きな影響を与え、教育・啓蒙するだけの潜在力を持っています。

私たちが過去30年間にわたって予測してきた何百ものトレンドでは、ジャーナリズム2.0のように広範囲に影響を及ぼす効果を持っているものは、わずかしかありませんでした。

8)サイバー戦争

ちょうど10年前、デジタル時代は、今よりは溌剌としたものであり、ハッカーは、私たちをいらいらさせるパソコンおたくと見なされていました。
私たちは、インターネットが持つ本質的な脆弱性と、データ送信において攻撃されやすいという性質を持っていることを知っており、こうしたインターネットの弱点が、サイバー犯罪やサイバー戦争が盛んになる契機をつくるだろうことを予測していました。

2010年、あらゆる政府はサイバー戦争は明らかであり、現在の危機であることを認めています。
事実、2011年の今、そのようになっています。

これと同じくらい破壊的なことは、インターネットが国家の安全を脅かすものだと考えて、インターネットへの自由なアクセスをコントロールし、インターネット・ユーザーを特定して、文字通りシャットダウンしてしまう世界政府の取る過酷な手段でしょう。

9)世界の若者の結合

大学の学位があっても職に就けず、借金もかさんで、将来の展望も見出せず、人間性むき出しに怒りをぶつけ、郷里に戻ることを余儀なくされて、ついには20歳代の若者たちは、自制心を失って狂ったようになり、怒りを我慢できなくなるでしょう。

彼らは、ありあまるほどの活力と情熱を持っていますが、自らの衝動を抑制できるほど円熟しておらず、結局、対立的な運動に加わることになり、それは、しばしば過度にエスカレートするでしょう。

若者たちの、こうした発露を抑え、彼らの自己満足として事態を終息させようとする政府の努力は、功を奏すことはないのです。

若者たちの革命は、テレビで放送され、ブログやyoutube、twitterで知られることによって広がっていくでしょう。

10)世界の終わり!

私たちは2012年を控えています。2012年…。
「終わりは近い」と、けたたましく鳴る電話が叫んでいるようです。

いつの時代にも、世の終わりが迫っているというサインと兆候を見たという人たちがいます。

しかし、この「世の終わりの時」を信じている様々な人々の想像を超えて、「2012年」という年は、特別な意味を持っているようです。

きっと、ハルマゲドンを信じている人たちの間では、2012年は現実世界の終わり、地球滅亡というのは確実性のある問題に写っていることでしょう。

合理的な思考力を持った知識のある人たちでさえ、果てしない世界的な危機に関するニュースに触れるとき、時として、世界は危険な状態にあるのかも知れないと考えるのです。

この両方の流れは、いずれにしても、自分が生存することができるのかどうかを考えることにつながっています。それが、天か地かに関わらず。

11)ミステリー・トレンド

ミステリー・トレンドについては、1月中旬に発行される「トレンド・ジャーナル」で明らかにされます。

-----------------------------------------

分かることは、いよいよの時には、アメリカ政府はインターネットを遮断する、ということですね。
そして、アメリカの若者たちが蜂起して革命に突っ走る、ということ。

これは、管理人から見ると、人々からすべてを取り上げ、しまいには労働意欲も失せ、モラルも破壊されて、政府に無抵抗の状態をつくることが狙いのように思えます。

そして、政府が押し付けるNESARAを思考停止のまま無条件で受け入れさせるようにすること。
何しろ、NESARAというのは、「所得税もなく、いままで借金も棒引きにしてくれる体制」なのですから、願ってもないでしょう。
これを人工的に起こそうとしている国がアメリカ。

そのように思えてなりません。

ここで言うNESARAとは、グローバル・エリートの虚構である偽NESARAのことです。
ブッシュ逮捕とNESARAとマシュー君
NESARAは共産主義体制を目指す
マシュー君は光の者?あるいは闇の者?

そこに待っているのはORDO AB CHAOの世界。

その後、アメリカは国家自体がなくなり、北米連合の一員として世界政府の道を力強く歩むのでしょう。
アメリカの人々が夢から覚めたときは、熾烈な共産主義社会になっている…。

一方、このまま行けば軟着陸しそうなエジプト暴動ですが、これを別の角度から見てみると、エジプト暴動は、「4月6日若者運動」に見るように、「若者による革命」の試験飛行。

そして、セレンテの予測が今回も正しいとするのであれば、これからアメリカで起こるであろう若者の革命暴動を教育・啓蒙する目的があったのではと考えてしまいます。
「エジプトの若者でさえできたのだから、俺たちにできないはずはない」と。

そして、若者たちは解放を叫び、いよいよアメリカ全土に革命の機運を醸成させていくエネルギーとして使うのです。
こうしたエネルギーは、若者たちからしか生まれないからです。

彼らは、若者たちの志をも利用して、大きなカオスをつくり、それを増幅させようとしていように見えて仕方がないのです。

もちろん、アメリカ政府、愛国軍人たちは、若者たちを制止しようと懸命になるでしょう。
しかし、若者たちは真の敵の正体を知らないのです。
彼らは、自分たちの味方であるアメリカ愛国軍人たちに抵抗し、時には敵と捉えるかもしれません。

アメリカの愛国軍人では暴動を抑えられないのです。人情というヤツでしょうか。自分の息子のような若者に銃を発砲できないでしょう。
だから、FEMAは、中国人、ロシア人など金を雇った傭兵で組織したのですね。彼らなら、アメリカの高校生にも銃を撃つでしょう。

このように考えざるをえません。

世界の金融、エネルギー、食料、通信、医療を牛耳っているグローバル・エリートたちこそ、若者たち、そして愛国軍人たちの真の敵でしょうに。

アメリカの次はどこでしょうか?
数年前、あるいは数十年前から革命の機運を醸成・発酵させてきた国は。
北朝鮮はもちろん、中国も。でしょうね。

いよいよ、ばらばらに個別で仕込んでいたことが、2012年に面でつながり、世界革命として結実する、ということなのでしょうか。

しかし、ワシントンD.C.が接収される、というセレンテの予測は、どうなんでしょう。
その頃、すでにグローバル・エリートたちはお引越しを済ませて、もぬけの殻かもしれません。




いざという時に使える!野外生活の基礎知識
(るるぶDo!ハンディ) [単行本][単行本]

浜島 一郎 久保田 鉄 著  2009/3/16
新品 1,050 円 配送無料  

いざという時に使える!野外生活の基礎知識 (るるぶDo!ハンディ) [単行本]


関連記事
       
NEXT Entry
9.11テロに起源を発するエジプト革命は「大中東」の始まり
NEW Topics
国際決済銀行(BIS)は日本にゴールドの備蓄を許さない
ソフトバンクが自動車産業乗っ取りのための標的に!?
EU離脱・気候変動・タックスヘイブン・暗号通貨④
EU離脱・気候変動・タックスヘイブン・暗号通貨③
EU離脱・気候変動・タックスヘイブン・暗号通貨①②
「環境問題の仮面を着けた金融・エネルギー問題」
「史上最大級」の正常性バイアスと都会から脱出した人々
「晋三 39歳」と2009年ビルダーバーグで決定!ドル崩壊
東京五輪、横浜カジノ、金融危機ー崩壊へ向かう日本②③
東京五輪、横浜カジノ、金融危機ー崩壊へ向かう日本!①
リーマン前夜!金融黙示録から目を背ける日本人の運命
サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ
金融エンドゲームと銀(シルバー)価格の上昇トレンド
中央銀行がIMFのデジタル通貨を受け入れる恐いイベント
今秋からの市場の全面崩壊が資本主義の息の根を止める
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top