カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  自民党・松村3500万円でも、甘利明の1200万円には負ける
       
まだ足りないぞ。

自民松村氏を寄付不記載で告発 3500万円、熊本地検に

2010年の参院選で自民党の松村祥史参院議員(熊本選挙区)が、自身が代表の政党支部から計3500万円の寄付を受けたと県選挙管理委員会に届けていたのに、政党支部の政治資金収支報告書に寄付の記載がないことが21日、分かった。

市民団体「政治資金オンブズマン」(大阪市)は「報告書への記載義務に違反している」として、政治資金規正法違反(不記載)などの疑いで同日、熊本地検に告発状を送付した。

松村氏の事務所は取材に「当時の秘書が辞めており、現時点でコメントできない。指摘の点を調べる」と回答した。

松村氏は04年参院選で初当選し、経済産業政務官を務めた。(共同 2016年1月21日)

誰だ、自民党の松村祥史って。知らん。

3500万円たって、こんな小者では役に立たないぞ。

あと自民党の議員10人の首を差し出せ。駒はいくらでもいるだろうが。自民党の議員、全員が法律を犯している犯罪者なんだから。
そうすれば、甘利は救われるかも。そんなことないが。



関連記事
       
NEXT Entry
日本会議に忍び寄る秘密結社ネットワークの影
NEW Topics
株式・FX・仮想通貨はボットとAIに支配されている③
株式・FX・仮想通貨はボットとAIに支配されている①②
テザー疑惑が金(ゴールド)の価格を上昇させる!?
ビットコインに内在するテザー爆弾、そして株価暴落へ
暗号通貨デリバティブが世界恐慌の引き金になる①~③
コインチェックを実質破綻に追い込んだ魑魅魍魎の正体
暗号通貨から金(ゴールド)へ一部の資金が移動か
国際金融エリートたちの世界電子法貨が姿を現すー①②③
暗号通貨の主役交代と量子耐性の次世代暗号通貨②③
暗号通貨の主役交代と量子耐性の次世代暗号通貨①
世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?②③
世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?①
ブロックチェーンとフィリップ・ロスチャイルド
2018年、さようならBTC!こんにちはBCH!
「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の「神」
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サブサイト(更新停止中)
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反世界政府主義
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top