カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  福島第一原発を襲った津波の高さについて
       
【東電は津波の高さを二度も上方修正した】
で、管理人は、「福島第一原発を襲った津波は東電の発表した14メートルも、なかったのではないか」と書きましたが、その後、詳しく調べたところ、発表どおり14メートルの高さがあったようです。

世界各地の海抜を表示するサイトがあります。
http://flood.firetree.net/

このサイトの左肩のある「Sea level rise」を13mに設定してください。
下の図はキャプチャ画像です。

20110331-1.jpg

青いエリアが、海抜13mより低い場所です。(潮位の変化は無視)
青いエリアはタービン建屋の手前まで来ています。このエリアが、13m前後の高さです。それより左側は13m以上の高さがある、ということになります。
原子炉建屋①~④は、13m以上になっています。

20110331-2.jpg


下の動画は、3月24~28日の間に撮られたもの、ということです。



1:30辺りのキャプチャー画像です。
20110401-2.jpg

赤色の点線(の少し下)まで海水が押し寄せたことがわかります。
画像左端の入り口の高さと比較すると、海水は建物を回りこんで、高さ1~1.5mくらいのところまで押し寄せたようです。

この建物が建っている場所は、海抜13mより少し高いところなので、津波は14mくらいだったことが分かります。

下の画像は、被災後の第一原発の様子ですが、津波は赤丸のところで止まっていることが分かります。
20110330-7.jpg

したがって、津波の高さは14mというのは正しいと思います。
ここに訂正させていただきます。

前の記事【東電は津波の高さを二度も上方修正した】は、そのままにしておきますが、その経緯を知っていただくため、この記事へリンクを貼り、併せて読んでいただくことにしました。





原子力と地域社会―東海村JCO臨界事故からの再生・10年目の証言
帯刀 治 著  有賀 絵理 著  熊沢 紀之 著
2009/3刊 
新品 1,995 円 配送無料  

原子力と地域社会―東海村JCO臨界事故からの再生・10年目の証言


関連記事
       
NEXT Entry
東京電力の賠償責任について
NEW Topics
サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ
金融エンドゲームと銀(シルバー)価格の上昇トレンド
中央銀行がIMFのデジタル通貨を受け入れる恐いイベント
今秋からの市場の全面崩壊が資本主義の息の根を止める
景気後退へ突入!これから始まる本格的なゴールドの上昇
クラッシュ目前!中央銀行が現金を廃止したい本当の理由
ドルの終焉に備えるJPモルガンと最強!ロシアの暗号通貨
秋以降に市場転換で、ほうぼうでクラッシュ始まる!?
シリコンバレーと情報機関は影の世界政府のフロント
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密②
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①
エプスタインの罠に嵌ったイスラエルの奴隷・トランプ
メルケルの「震え」と、座して死を待つドイツ銀行
金本位制とイラン=トランプの裏側で起こっていること
大祓の神「瀬織津姫」の正体と天皇の生前譲位の理由
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top