カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   量子論・グノーシス・古神道  »  いわゆる霊能者の話
       
20100203-12.jpg

NWOは、別の次元から這い出て来る憑依体を使って世界を支配する。

「ルシファー属性」は別次元から「知恵」を得ている

この段階では、多くの資料を読み込んで分析したわけではありませんが、確信に至るいくつかのことがあります。

直感として分かってきたことは・・・

1)「彼ら世界を支配している人々」の「精神的なルーツ(秘密)はエジプトにあるらしい」ということ。

2)そして、「ルシファーをヒエラルキーの頂点とする悪魔界にも役目が与えられている」ということ。

3)また、「それらの魔界の神々は三次元にはいない」ことなどが分かってきます。


私の心の中では、これが確信となっているのです。

さらに言うと、ルシファーは、日本の神にも描かれていて、「悪魔界も実は正神が創った世界である」こと。

そして、「宇宙は悪魔界を使って、魂のふるい落としをやってきた」こと。

そうやって宇宙は「進化」していっているということ。

「ルシファーも、そういう意味では確かに神のひとつに違いない」ということ。

人が生まれてくることこそが、「宇宙の進化の目的」であること・・・

いろいろ分かってきます。

私は、何も読んでいませんが、分かってきました。

なまじ宗教書などは読まないほうがいいです。
教養として、その奥義なりに触れてみようか、という程度しておけば害が少ないと思いますので、あくまで趣味の範疇にとどめるべきだと思います。

どんな宗教でも、今の宗教の大元に遡ると、その行き着く先は「彼らと同じところ」になるのですから。

キリスト教もイスラム教もユダヤ教も、結局、世界の人々を3次元に閉じ込めておくための宗教であって、次元から次元へ橋渡しをする一過性の宗教に過ぎないわけですから、決して真理ではありません。

だから、私たちの次元が消滅するときに、いっしょに消えるのです。

いやー、神の世界は実に巧妙に仕組まれている。驚きました。

レプティリアンだのアヌンナキ伝説だの、いけにえを捧げて生き血を飲んだり、子供の肉を食らったり、今でもこうした「魔界のお笑い芸人」たちは、さらなる魔力を磨くため魔界の修行に余念がないのです。

「何のことか分からない」って?

とにかく、こんなことが今でも現実に行われているようですから、気が進みませんが、多少は書いておかなければならないのかもしれません。

フリーメイソンの宗教儀式、血液を飲む行為、結婚式(全編)撮影:トルコ


さらにビデオの内容を知りたい方は下のリンク先へ
http://conspiracy.exblog.jp/5254096/

「彼ら」は、過去、世界中で戦争を仕掛けて何千万人もの人たちを殺してきました。
ただし、その手口には一定のパターンがあるようです。

明らかに、「ルシファー属性」の「彼ら」の強みは、「先々を見通す」能力を持っています。

おそらく、未来のひな型があって、それにアクセスすることによって未来を知ることができるようです。
というか・・・「未来を知ったかのように自信を持つことができる」ようです。

黙示録によって、それを補強し、裏取りをしているのです。

では、「ルシファー属性」は、いったいどこにアクセスして、どこから「知らせ」を受けるのでしょう。

つまり、私たちの次元には存在していないのですから、こういうことは天才が考えても無理なのです。
分かるのは一部の霊的な人々」だけです。

しかし、その霊的な人々のほとんどが憑依されてしまっているので、彼らの言うことは魔界からのメッセージを伝えているだけなのです。

彼らがサジェスチョンを受け取る「悪の智恵の源泉」がこの三次元にはないのですから、一般の人々には、なかなか想像できません。

「ルシファー属性」の彼らは、「憑依」という現象、あるいは「精神感応」という方法で、その「悪の智恵の源泉」にアクセスしているようです。
つまり、そのための「霊界パソコン」のようなものが必要なのです。

私たちの次元が、そっくり消滅するとき、今まで頑張ってくれた「悪の親分・ルシファー」も、お役ご免となり魂が消されてしまうのです。

今、彼らはそれを知っていて、アクセスするためのチャンネルを拓くために躍起となっているのです。

私たちの次元が消滅するのは、憑依されてしまった霊的な人々によれば、「2012年の偽アセンション」だということになるのです。

本当のアセンションは、特別なものではなく、過去、何十回と起こってきました。
これは宇宙の営みですから、受け入れるしかありません。

三次元から四次元へ・・・そして五次元へ昇華する世界

人間は、最終的には「神人合一」に至るまでの「分子」ですから、次元が上がっていくたびに消去させられてきました。

もちろん、2012年の「アセンションが、どーたら、こーたら」というのは大嘘です。魔物のメッセージに過ぎません。

「アセンション命」の人々は、それが起こるのは2012年12月21日、あるいは23日とも言っています。悲しいほど愚かな人々です。

ホロスコープを作ってみるとわかるのですが、確かに特殊な配置になっています。ノストラダムスの1999年7月の惑星直列のようにはっきりした「しるし」ではありませんが、やはり特殊です。

ただ、天球は何も平らな円盤の上に惑星が配置されてグランドクロスになっているわけではありません。
縦・横・高さがあり、立体的に見れば惑星は直列などしていないのです。

ノストラダムス自体がフリーメーソンの創作物であるだけでなく、惑星直列=グランドクロス自体がインチキだったのです。
それでも「騙されたがる」のが、憑依されたアセンション「いのちぃ~」の人々です。

2012年には、アセンション「いのちぃ~」の人々が言っているような、巨大地震やポールシフトなどの想像を絶する天変地異の暗示は出ていません。
むしろ、精神、マインドの面の変化というサジェスチョンがあります。

ただ、これには「欺瞞」の象意があるので、2012年からは、さらに大きな嘘が跋扈するという暗示が示されています。

これから、創られた偽の奇跡がたくさん起こることでしょうし、偽りの人々は、そのたびに嬉々として踊り狂うでしょう。

2012年12月21日なり、23日は一瞬、銀河系の地平線と太陽と地球が一直線に並ぶ、といいます。

これは春分点の歳差によって起こることですが、銀河系の中心(なんのこっちゃ)と太陽と地球とが一直線。それで猛烈な太陽風が地球に向けて吹いてくるということになっています。

とはいっても、人体、特に脳に強い影響を与えるのは磁気である、とされているので心配になるでしょう。
地表に強烈な磁場が形成されたとき、どんなことが起きるのか誰も想像ができません。

しかし、その反対に磁気がない、という「ゼロ磁場」というポイントも長野県伊那の分杭峠周辺、あとは確か四国の山中にもあったと思います。科学的に証明もされています。

このポイントでは糖尿病が治ったり、ガンが消滅したりといろいろ奇跡が起こっています。
「ゼロ磁場の水」というのも人気です。私も近くまで行きました。お陰で熊とばったり遭遇して肝を冷やしてしまいました。

フォトン・ベルトなどは、物理学を専攻するオーストラリアの女子大生が思い付きで考えたアイデアに過ぎないのですが、それでも、大の大人が真剣に考えていること自体が「憑依現象」の成せる業と言うべきです。 

それはそうと、話は変わってしまうのですが、気になるのは例のFema Concentration Campの存在です。
まるでアウシュビッツのような収容所が全米に造られています。

さらに、あらかじめ「もし地球に重大な危機が迫っていても、72時間以内はアナウンスしてはいけない」という報道管制が敷かれていると言います。

金融市場の崩壊で起こる暴動? スカラー兵器による全米テロ?

金融恐慌で、いよいよマーシャル法の発動なのでしょうか。
世界中の証券が、一瞬にして消えてしまうというような。

それとも、強烈な宇宙線が降り注ぐことによって農作物が全滅してしまうのでしょうか。

宇宙の異変や巨大地震などの天変地異は恐いです。
ハイチの被災者たちは、救援物資の食糧がないためにとうとう「人の肉を食う」と言い出しました…。

20100203.jpg
[スピッツベルゲン島にある種子貯蔵庫]
http://moneyzine.jp/article/detail/155855

それとも地表に強力な電磁場ができて、インターネットがダウンしてしまうのでしょうか。

「アセンションによってサーバーダウン、ネット回線網も破綻」ということで、世界中で電子マネーが消滅? 
でも、実はアセンションなどではなく、世界中10箇所にあるHAARPが悪さしたとかね…。

地震、経済崩壊、食料危機、疫病の蔓延…私には、すべてが有機的にひとつの方向を向いて準備が進められているように思えます。

以下、気になっているキーワードだけ挙げておきます。
【国連ビルの核爆弾】
【ロシア軍が米国内にすでに配備されている】
【全体主義】
【ナチズムの国家への移行】

今のところ、私の頭にフッと浮かんできただけのことです。ご自分で考えてください。

[参考ページ]
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-30.html
強権発動するのは、アリス・ベイリーがルシファー意識を吹き込んだ国連に違いないのですが、彼女は、死ぬまで「3つのオカルト要素」を明らかにしませんでした。

光を偽装する偽りの預言者に注意

この数ヶ月、土日になるとピンポ~ンとチャイムが鳴ります。何度も何度も懲りずにやってきます。

某キリスト教系の信徒です。明らかにイルミナティが背後にいるという教団です。しつこいです。断っても何度も入信を薦めます。完全なキ○○イです。

いよいよ時が満ちた、とでも言いたいのでしょうか。
信心しないと助からないと言わんばかりです。

私からみれば、そうした人たちこそが、完全なる淘汰まで秒読みに入ったように見えます。

いよいよ日本が大荒れになると、こうした人たちからも身を守らなければならなくなるのかぁ、といささか憂鬱です。

某「キリスト教系を名のるカルト」の背後にいる連中は、超能力者と言われる、さまざまな人たちをスカウトして資金的な援助をしてきました。
その筆頭が「マイアミの眠れる予言者」エドガー・ケイシーです。

最初の頃は本当にボランティアで病気の人たちの相談に乗っていたようですが、ある日、ひとりの紳士がやってきて資金提供をする、と言い出したのです。
ケイシー財団は、そうして出来上がったのです。これを機に各国での出版活動に火が点きました。

ケイシーが日本で有名になったのは、「1998年までに日本の8割が水没する」という預言でした。「預言」です。
しかし、それは見事にハズレました。

目的は、私たちの恐怖の念を引き出すことです。

恐怖、怒りの念を引き出してアカシック(次元と次元の隙間を埋め尽くしている空間)なレコードに焼き付けていくのです。

日本人全員が、恐怖や、恐怖からくる自暴自棄といった破壊的想念を一斉に吐き出し、アカシック・レコードというマイナス思念の貯蔵庫にそのエネルギーを蓄えたらどんなことになるでしょうか。

その蓄積された負の想念を引き出して収斂しさせ、さらに破壊的エネルギーーとして増幅し、それを日本人に向けて浴びせるのです。日本人は、自らの吐き出した毒によって弱っていくのです。

ノストラダムスもしかりです。こんなものは創りものです。嘘です。
繰り返しますが、ノストラダムスの予言などは、フリーメーソンによる後世の創作です。

「彼ら」は「眠れるなんとか」などというキャッチフレーズのつくキャラクターを探しています。
それが霊能者などでなくてもいいのです。

ケイシーとて、地元の評判なんか本当のところは分かりません。
後付けでいくらでも超能力者に仕立て上げることができるのですから。

「彼ら」は、いくつもオカルト・アイドルを創ってきました。

彼らは女性をオカルト・タレントとしても“起用”します。アンネ・フランクに始まり、ファティマの預言のルシア(本名:Lúcia de Jesus dos Santos Lúcia →ルシファーのこと)しかりです。

アーサー・コナンドイルも騙された「妖精少女」エルシー。大人は、まさか少女が人を騙すはずがない、と思い込むのです。
http://photo-collage.jp/gensougarou/gall/gall/82.html

こうした神の預言をまことしやかに垂れ流す三流オカルト・タレントはすぐに看破されてしまいボロが出ます。円盤詐欺のジョージ・アダムスキーは大根役者でした。

たいていはボロが出ても、そのまま放っておくようですが、「ファティマの聖母プロジェクト」は一世一代の大舞台だったのでしょう。ルシアは、あのイベントの後、修道女にされて外界と接する機会をなくされました。

森羅万象すべてをつかさどる「神」という存在があるのであれば、安値の預言など地上に下ろしたりしないはずです。「神」は人間に何もしません。

すべての「預言」と称するものは「中級霊」の騙りです。
ただ、そこにも多少の真実は隠されているのでしょう。私たちを引き込むための・・・

それを書き換え、己の野望のために利用する悪心の塊がいるだけです。私たちは、これに幻惑されているのです。

しょせん、人は独りで生まれ、独りで死んでいくのです。

志をひとつにする人たちで徒党を組んだり、趣味の合う仲間で囲炉裏端会議をやったり、結局は、束の間の離合集散を繰り返しているだけです。

野に咲く孤高の白ゆりを見て、気高さを知ったり、流れ行く雲を見て、輪廻を思ったりとかね。

自分で「悟る」以外にないと思っています。

これから、「光を偽装する者」たちがたくさん出てきます。マシュー君のように。

もう一度、問いかけたいのです。「あなた方は、本当にこんなヘタな芝居をまだ信じているのですか?」。

以上、くれぐれも騙されないように、という切なるお願いでした。

黒魔術が跋扈する時代

とにかく、家族の輪、人の和は最大の城壁です。

そんなこと言ったって、住宅ローンもあるし、子供を私立高校に上げなきゃならないし、何を気楽なこと言ってんだ、とご立腹のムキもあるかと思います。それこそ、彼らの術中にはまってしまっています。

日本の「和」、これを彼らは破壊したくて仕方がないのです。

終戦直後、物のない時代には、東京の下町でも玄関の鍵などかけません。盗みに入っても金目のものがないからです。

「あー、お米を切らしちゃった」、「それなら隣の家に行って、お米を5合ばかり借りてきて」。こんな調子だったと言います。
で、隣に家に行くと、「醤油ある? 少し分けてよ」なんて。

テキヤの恐い兄さんが、「奥さんよ、この反物は二度と出ないよ、買ってくれ」と玄関口で短刀を床に突き刺して脅しても、戦争で鍛えられた肝っ玉母さんたちは動じません。

「あら、どうしたの。国の親御さんは元気なの?」などとやって、お茶とオニギリ一個を出して事情を聞いてやると、「恐がらせた俺が悪かった。心を入れ替えて、まっとうな道を進みます」なんていって改心するのです。

まあ、漫画のような世界ですが、下町では、結構、こうしたことがあったといいます。

「ルシファー属性」は、これを徹底的に破壊しようとしている。

それを破壊する兵器として私たちに埋め込まれたのが、「価値観」と「不平等」です。

最近は「霊能者」という種類の人たちが本当に多くなってきました。タレント以上の人気です。
私から言わせれば、「みんな憑かれています」。バカげた人々です。

こうした人々が地獄から這い出て来るのは、ひとつの大きな巡りの終末が近づいているからだと思います。

こうした「憑依する存在」というのは、いまだに「人をたぶらかし、引きずりこむ」ことが良いことなんだ、と信じているのです。そうして「手柄」を立てれば、次の世界にも存在を許されると思っているのです。だから、最期の周期に入って必死なのです。

オウムの「魂の救済のためにポアする」という身勝手な屁理屈とまったく同じです。

「ルシファー属性」は、人々の、なにかしら金儲けしたい、有名になりたい、テレビで評判になりたい、という俗な心が発する臭いを敏感に嗅ぎつけて憑依するのです。

私から言わせれば、手相で人生相談とか、ましてや「占い」を使って恋愛のお悩み解決などと、どうにも罪が重いことをやっているとしか思えません。

人生相談や恋愛相談に親身に乗ってあげられる人間なら、こんな「占い」などという「道具」は必要ないはずです。

占いは口先一つでできます。
設備投資もなければ、減価償却もありません。無限大に広げることができます。こういう「騙し」や「そそのかし」が魔界は大好きなのです。

それが「霊能」となると、もういけません。完全に魔界に引き込まれます。

テレビに出てくるこの種の人たちからは、どうしても嫌な臭いしか漂ってこないのです。こんな化け物に振り回されて人生の重大事を決定したりしたら、それこそ思う壺です。

「人間(じんかん)万事塞翁が馬」という素晴らしいことわざがあります。

あさはかな人智に頼らず、ひたすら上を見て愚直に努力する。こういう人は、うまーく天の波に乗っていける人だと思います。私の周囲にも、1人だけですが、そういう不思議な人がいます。

若い人たちが、「占いは、いいことだけ信じます。悪いことは信じません」と言います。非常に健全だと思います。

「悪いことが起きるのではないか」と心配の想念を出し続けると、そういうものを引き寄せてしまいます。こうして、人々は「光」から顔を背け、やがては自らが「光」を装うようになるのです。

「やっぱ、愛だろ、愛」。

若いにいさんが言います。チャラオ君でも言います。彼らは頼りないですよね。
しかし、にいさんたちは意外なことに「本質」を知っているのではないかと思います。
まー、いつまでもチャラオではダメですけどね。

ところで、これは何かな。十二角獣ね、はは~ん、です。
The O2 旧名はミレニアム・ドーム(Millennium Dome)

20100203-11.jpg

世界最大のドーム型建造物。使用目的も、莫大な建設費の出所も正確には判明していないといいます。2012年のオリンピック会場として使用される、ということですが…??
http://www.greatbuildings.com/buildings/Millennium_Dome.html

http://plaza.rakuten.co.jp/hotstuff1976/diary/200806230000/




マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実
(Amazon 全書籍ランキング 98位)
池田整治著  1,680円  送料無料


マインドコントロール  日本人を騙し続ける支配者の真実





関連記事
       
NEXT Entry
マーシャル法発動で世界宗教の素地?
NEW Topics
日本の金融メルトダウンと秒読み!ドイツ銀行CDS破綻
日本人の「神の遺伝子」と女系天皇・皇位継承の「罠」
文明は西洋から東洋へ「800年リズムの周期交代」
神社の破壊と日本人の遺伝子の秘密に挑む秘密結社の策謀
古神道から乖離する神社神道と皇室への秘密結社の介入
メーソンとキリスト教と国際共産主義による霊的攻撃
迫りつつある景気後退と再び輝きを取り戻すゴールド
バレンタインデーのトランプへの贈り物は「運命ゲーム」
古神道とグノーシス/「世界の盟主・日本」の未来
破局に備えるー中央銀行システムの外側に逃げろ!④
破局に備えるー中央銀行システムの外側に逃げろ!③
破局に備えるー中央銀行システムの外側に逃げろ!①②
「一帯一路」はマッキンゼー、推進は国連と中国のNGO
2019年の北朝鮮と「統一教会とKCIAとの関係」②、③
2019年の北朝鮮と「統一教会とKCIAとの関係」①
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top