カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   暗号通貨とブロックチェーン  »  IMFの暗号通貨計画と表舞台から姿を消す(?)ビットコイン
       
メルマガ第228号パート1、パート2、パート3、パート4の4本。
とても長い記事のため、ダイジェストを作成することができません。
以下、目次のみです。
全文はメルマガでお読みください。


SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その1)

mag201710-11.jpg

【目次】

・「中央銀行システムがブロックチェーンによって大きく変貌する」-デジタル通貨に乗り出すIMF

・元祖ビットコインが表舞台から姿を消す!?

・「デジタル通貨市場に、いよいよ大混乱が起きる!」

・日銀と政府は、法定デジタル通貨の発行について言及していないものの・・・

・ブロックチェーンによって国民の購買履歴や資産の移動状況をすべて把握したい政府

・IMFは、すでに204ヵ国から「国際通貨のリセット」について合意を得ている


SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その2)

mag201710-12.jpg

【目次】

・世界通貨の支配層になりそこねた男

・円の本当の支配者はロスチャイルド金融帝国

・日銀内部のカウンターパートと国際銀行家が日本のバブルを仕掛けた理由

・中央銀行総裁はダボス会議での決定事項にひれ伏す

・日銀は世界金融恐慌のトリガーを引かされそうになっている

・イエレンFRB議長の解任とケネディ暗殺の極秘資料の公開

・「中央銀行は誰のものですか?」

・IMFこそが世界中央銀行になる


SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その3)

mag201710-18.jpg

【目次】

・ビットコインの規制に乗り出す各国中央銀行の思惑

・暗号通貨をめぐってECBとロシア中央銀行の通貨戦争に火がついた

・仮想通貨投資家の無知に付け込むハードフォーカー詐欺師たち

・11月19日予定のセグウィット2x後の展開がまったく逆の予想に

・ビットコインのマイニングは、まさに人工知能の初歩的なトレーニング

・13%が課税される変動相場制のクリプトルーブル

・クリプトルーブルを発行するもう一つの目的は、オリガルヒの経済活動を監視するため

・ロシアに続いて中国も国家主導の暗号通貨の発行を急いでいる


SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その4)

mag201710-16.jpg

【目次】

・「ビットコインは、ノアの箱舟になるかも知れない」と言っているが・・・

・SBI北尾会長がサトシ・ナカモトと仮想通貨の未来について議論した?

・株式投資家には、ビットコインがなぜ価格形成されるのか理解できない

・始まったブロックチェーンとAIによる大量失業時代

・若い女性までもが仮想通貨を言い出したら注意

・ビットコインのディープ・ステート・バージョンがIMFのSDR!

・IMFが米国の経済崩壊に手を貸す理由

・SDRは、構成通貨の減価によって失敗する!?

以上、メルマガ第228号パート1~パート4の目次です。


(※この記事は、メルマガ第228号パート1~パート4の目次です。全文はメルマガでお読みください)

●youtubeなど動画化を禁止します。

初月無料のメルマガは、購読開始日からの1ヶ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
10月1日より10月30日の間に購読を開始された場合、1月分の購読料が無料になります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
“イヴァンカ基金”を利用する世銀の策略
NEW Topics
迫りつつある景気後退と再び輝きを取り戻すゴールド
バレンタインデーのトランプへの贈り物は「運命ゲーム」
古神道とグノーシス/「世界の盟主・日本」の未来
破局に備えるー中央銀行システムの外側に逃げろ!④
破局に備えるー中央銀行システムの外側に逃げろ!③
破局に備えるー中央銀行システムの外側に逃げろ!①②
「一帯一路」はマッキンゼー、推進は国連と中国のNGO
2019年の北朝鮮と「統一教会とKCIAとの関係」②、③
2019年の北朝鮮と「統一教会とKCIAとの関係」①
シリコンバレーをスパイしていた中国系物理学者の怪死
ホワイトハウスー10万人署名で辺野古埋め立てをSTOP!
真説:モサドの凶弾に倒れたJFKと中国から逃げる人々③
真説:モサドの凶弾に倒れたJFKと中国から逃げる人々②
真説:モサドの凶弾に倒れたJFKと中国から逃げる人々①
「2019年 世界はこうなる」と暗黒世界マリアナ・ウェブ
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top