カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   その他  »  「まぐまぐ」の情報強者キャンペーン!2ヵ月分無料!
       
mag201809-1.jpg

9月1日~9月30日(日)の23:59までに、下記キャンペーン対象メルマガを新規購読申し込みされる方は、実質的に2ヵ月分の購読料が無料になるというキャンペーンです。

「情強になる特集」の「情強」とは、情報強者の意味とのこと。

2ヵ月分購読料無料キャンペーン対象有料メルマガは、キャンペーン専用ウェブサイトにエントリーされた8つのメルマガです。
『カレイドスコープのメルマガ』も、当キャンペーンの対象メルマガにエントリーされています。

キャンペーン期間中における当メルマガのチャレンジ

米国で起こっている社会現象は、いわゆる都市伝説テラーや、先日、ユーチューブのチャンネルをBANされたアレックス・ジョーンズのような陰謀論者の言説が、大手主流メディアの「フェイクニュース」を凌駕・駆逐し、真相追及の大きなうねりとなっていることです。

トランプを支持するオルタナ・ライト(オルタナ右翼)が飛びついたQAnon情報によって、それは火勢を増しています。

この背景には、「右翼 vs 左翼」、「保守 vs リベラル」といった今までの対立軸(ヘーゲル弁証法の二元論)の崩壊・・・代わって、グローバルな世界秩序の推進者たちが、「グローバリズム vs 反グローバリズム」、あるいは、「国際金融支配勢力の右派 vs 国際金融支配勢力の左派」、あるいは、「クリスチャニティー(Christianity) vs グノースティシズム(Gnosticism)」といった新しい対立軸によって世論を形成し、彼らのアジェンダを推進しようとの目的があります。

つまり、国際金融グループの主流メディアによるフェイクニュースは、功を奏さなくなってきたということなのです。

そのため、今まで、政治を諦め、嫌悪感さえ抱いていたサイレント・マジョリティーたちを鼓舞し、彼らを蜂起させることによって、グローバルなアジェンダへ引き込みつつ新しい秩序を打ち立てる必要が出てきたのです。

そのために都合よく使われているターゲットが、「ディープステート」という「大統領が誰になろうと俺たちの知ったこっちゃないさ!」という官僚組織にタコ足のように根を張ったエグゼクティブ・ブランチでした。

実際に、ワシントンのエグゼクティブ・ブランチ「ディープステート」によってワシントンは完全に乗っ取られており、その中核に居座っているのが、いわゆるネオコンであることは、現在も変わっていません。

しかし、世界中の人々が本当のターゲットにしなければならない勢力は、その上にいることを知っています。

ワシントンのトランプと、彼の両脇を固めている人々は、そのことには触れないよう細心の注意を払っています。
その上にいる人々こそが、彼らのパペットマスターだからです。

ですから、これからも「右翼 vs 左翼」、「保守 vs リベラル」といった冷戦時代の視軸で世界を見ていると、その人自身が、他人を洗脳してしまうことになるのです。

それは、知識のない陰謀論者や愉快犯とも言うべき病的な妄想狂よって勢いを増しており、
日々、ガセによる人々の洗脳が始まっているのです。

マスコミ、ジャーナリスト、政治家、学者・・・いわゆる有識者といわれる人々のすべてがこの陥穽に嵌められてしまって、彼らもまた袋小路に閉じ込められているのです。

さらに、陰謀論者が陰謀論者を続々と生み出していく状況を見たければ、先ごろ、急激に台頭してきた都市伝説系ユーチューバーの動画を観てみれば一目瞭然です。

彼らのほとんとが先行しているブロガーたちのパクリで、単なる二次、三次情報に過ぎません。
彼らの謎解きや解釈の多くが恣意的で明らかに間違っています。

他の国々では見られない特殊な日本社会の同調圧力は、こうした点でも、日本をアジアの中の後進国に貶めているのです。

グローバリズム、グローバル・アジェンダ、グローバル・エリートの実在を初期の段階から書いてきたのがカレイドスコープであることは、読者の皆さんがいちばんご存じでしょう。

あれから7年、やっとそれは常識になりつつあるのです。
この国では、事実として浸透するまでは、それほどまでに長い長い時間がかかるのです。

事実と対峙することを極端に恐れるという国民性がそうさせているのであり、すでに自明性の喪失が社会秩序を蝕み始めていることが分かるのです。

しかし、人々が惰眠を貪りつつ、いたずらに過ぎていった年月は、多くの人々に手遅れ感を植え付け、怠惰という名前のブーメランに姿を変えて私たちに襲いかかろうとしています。
「どうせ、何をやってもダメだろう」と・・・その病状は、虚無感となって発現します。

日本人の場合は、真相に背を向けて過剰反応を示します。
いや、世界の中でも、「日本人に限って」と言い換えた方がいいでしょう。

私は、何年もの間、それをダイレクトに受け取って来たので、真相をオブラートに包んで刺激を緩和してきたのです。そうしないと、自分と家族の命を救う情報でさえも、人々は手に取ろうとしないからです。


日本人の読者向けに書く場合は、「グローバリズム vs 反グローバリズム」、あるいは、「国際金融支配右派 vs 国際金融左派」、あるいは、「クリスチャニティー(Christianity) vs グノースティシズム(Gnosticism)」といった視点は長い間、半ばタブーでした。

それでも、米国の状況、欧州の状況、ロシア、中国のユーラシアでの壮大な計画がすでに始動しているのを見ると、その封印を解くときがやってきたように思えます。

このキャンペーンでは、今まで真相を柔らかく包んできたオブラートのベールをはがし、より直截的な表現に切り替えることによって強い訴求力を持たせたいと思います。

この一ヵ月を通じて、私は、その反応を見てみたいと思うようになりました。

『まぐまぐ』さんのせっかくのご厚意でもあるので、ご興味のある方は、この機会に2ヵ月無料キャンペーンに参加してみてください。
すべては、あなたの自由意志です。

2ヵ月分購読無料申し込みは、下記から。
www.mag2.com/campaign/1809/





関連記事
       
NEXT Entry
内戦近い米国ー国際金融の両陣営とつながりを持つ男①
NEW Topics
夜は千の目を持つ
「百匹目の猿現象」はどのようにして都市伝説化したのか
太陽黒点観測所閉鎖の真相と軽井沢の巨大地下施設の正体
プーチンのポスト・ソビエト鉄道が日本列島を縦断する
フェイク!自民党は北方領土返還交渉などやっていない
日航123便墜落とプラザ合意後の衰退の元凶は中曽根だ
日本破壊計画を完遂させる安倍三選を目論む自民議員ども
最後の地NZランドと軽井沢の謎の巨大地下構造物の秘密
内戦近い米国ー国際金融の両陣営とつながりを持つ男②
内戦近い米国ー国際金融の両陣営とつながりを持つ男①
「まぐまぐ」の情報強者キャンペーン!2ヵ月分無料!
日銀の海外向け英語論文から読み解く3年後の日本④
日銀の海外向け英語論文から読み解く3年後の日本①~③
ハイパーインフレを迎え撃つための11のサバイバル要綱
縮小する日本経済ー迫りくる世界恐慌から、どう逃げる
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サブサイト(更新停止中)
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
株価&為替ボード
リンク1-反世界政府主義
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-未来学
リンク12-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top