カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   古神道・量子論  »  女神「瀬織津姫」が語りかける大ミソギの時代の生き方
       
mag201905-18.jpg
(福井県勝山市の平泉寺白山神社)

「瀬織津姫」という、天照大神と肩を並べる超古代の神が再び私たちの前に立とうとしています。

なぜ「瀬織津姫」が歴史から完全に消されて、長い間、封印されていたのでしょうか・・・

その謎を解くことができた人は、日本の未来、世界の未来、神々の経綸が分かるようになるはずです。

この静かな「瀬織津姫」ブームは、人間ではなく天啓によってもたらされたのです。


(この記事は、特集号2019/5/16【vol.06】の一部です。全文はメルマガでお読みください)

神社とは高次元の神々とつながっている場所

新元号「令和」に切り替わってから約2週間が経ちました。
人々は新元号の暗示的意味を解こうと、今も多くの考察がネットに上げられています。

<中間省略>

・・・「令和」の<令>とは、本来は「レイ」ではなく「リョウ」と読むべきです。

したがって、「人々が<道>を見失うことなく自由に意見を出し合って、神道の<根源的存在>から導き出される<令(リョウ>にまで高めて初めて神代の時代が訪れる」という意味になります。

<令(リョウ)>は、「命令」の「レイ」ではなく、国民自ら本来の<道>に立ち戻り、お上から「命令」されるのではなく、誰もが納得する戒律に高めなければならない、という意味が含まれているのです。

そのためには、1万年以上も争い事を起こさなかった縄文人の「霊性」を取り戻さなければならない、と教えているのです。

しかし、元号には常に裏の意味があります。

<中間省略>

・・・どの神社にも、最後の大鳥居をくぐって拝殿や本殿に向かうと、左右一対の狛犬が出迎えてくれます。(希に狛犬のない神社もある)

狛犬・・・少なくとも、ほとんどの日本人は、そう思い込んでいます。

mag201905-8.jpg
(「能登國一之宮 氣多大社」の獅子と狛犬 2019.5.6)

実は、神社の拝殿を正面に見て、右側にあるのが「獅子」で、左側にあるのが「狛犬」です。

「獅子」は、口を大きく開けて「アッ!」と言っています。
いっぽうの「狛犬」は、歯ぎしりするかのように口を結んで「ぅん!」と言っています。

・・・「獅子」の「あっ!」は宇宙の始まりを表しています。
「狛犬」の「ぅん!」は宇宙の終わりを表しています。

この両方で「阿吽(あうん)」と言います。

つまり、サンスクリット語で「宇宙の始まりと終わり」を意味する言葉・・・「阿吽」を何度も繰り返しながら宇宙が高次元化していくことを示唆しているのです。

これを世界最大の秘密結社は「弁証法のスパイラル」に置き換えていますが、まったくの嘘・偽りです。

とにかく、神社とは、「宇宙のはじまりと終わり」を表しており、「神気」によって人々が真理を感得し、真理を悟る場でもあるのです。

「阿吽(アウン)」の真ん中の「う」は、「ん」の手前です。

「梅=う・め」は「うの目」であり、「ん」の手前の「う」です。

また、余談ですが、「アーメン」の「ア」も同じ意味で、「神を迎え入れる」という意味を持った接頭語であり、「メ・ン」とは神道における「すべてを水に流す」という意味で、これもまた世界のリセットを示唆する「ン」の前のミソギを表しているのです。

このことから「令和」のもう一つの暗示は、「我々の宇宙が終る一歩手前」の時代に差し掛かっているのだから、「霊性」を取り戻して世俗的な私利私欲・私憤を捨て、神人合一という本来の人の魂に与えられた役目を自覚して「和」を目指せ、という意味になります。

<後半省略>

天照大神の「令和」と瀬織津姫の「令和」

この「梅=う・め」=「うの目」が暗示する、もうひとつの「令和」の意味は非常に荒っぽいのです。
それは「大ミソギ」であり、有史以来の地球規模の立替えです。

それを司る神が「瀬織津姫」と呼ばれている太古の神です。

これほどの大役を担っている神だというのに、「瀬織津姫」の名前は記紀には出てきません。

しかし、いわゆる「カムロギ(神漏岐) カムロミ(神漏岐)」で始まる神道の大祓詞(おおはらえことば)の中には「瀬織津比売(せおりつひめ)と伝ふ神」という表現で出てきます。

「瀬織津比売(せつおりひめ)」は、全国3000社もある白山信仰の総本宮である白山比咩(しろやまひめ)神社の祭神である「菊理媛(くくりひめ)尊(=白山比咩大神)」として日本書紀に登場します。

この菊理媛は瀬織津比売と同一の女神とされています。

つまり、「瀬織津姫」は、その正体を隠すかのように、さまざまな名前を付けられて現代でも尊崇の対象となっており、日本中の人々に敬愛されているのです。

にもかかわらず、「比売(ひめ)」、あるいは「比咩(ひめ)」と名付けられて、東北から九州まで、少なくとも数千社の神社で祀られている女神の正体を人々は知りません。

もっとも、超古代には文字は存在していなかったので、「瀬織津姫」にどんな漢字を当てようが、さしたる意味を持ちません。
あるのは音(おと)とバイブレーションだけです。

強いて言うなら、バイブレーションとはカタカナが持っている振動(音)ということができます。

結論から言えば、「瀬織津姫」とは天照大神の荒魂(あらみたま)のことです。

超古代の神道では、宇宙を司る高次元の神霊は荒魂(あらみたま)と和魂(にぎみたま)の二つの分け魂で一つとされており、天照大神は和魂、「瀬織津姫」は荒魂として一柱の神の別の側面を表していることになるのです。

天照大神の和魂の側面で解釈すれば「令和」は、文字どおり「和を持って貴しとなす」となり、「瀬織津姫」の荒魂の側面で解釈すれば、「令和」とは荒々しい天変地異・人心の荒廃・宇宙の激変を示すことになるのです。

しかし、両方とも同じ意味なのです。

ちなみに、神道の大祓詞の冒頭部分に出てくる「カムロギ(神漏岐)  カムロミ(神漏美)」とは、宇宙を構成する2原素のことであり、それは「火の気」と「水の気」です。

それを「命(みこと)」として半ば擬人化して表しているのです。

スワスチカの卍、あるいは十文字は、この「火」と「水」の交差を表しており、そのときに「火の気」と「水の気」が「大ミソギ」を引き起こすことをシンボリズムにしたものです。

<中間省略>

・・・伊勢神宮は、この天照大神(天照坐皇大御神)の和魂と「瀬織津姫」の荒魂を政治的に一神に統合しようと機能しているのですが、いくら古事記、日本書紀から完全に抹消しようとしても、大祓詞(おおはらえことば)の中に
「瀬織津姫」が存在している以上、完全に消し去ることはできないのです。

伊勢神宮・内宮(ないくう: 皇大神宮)のいちばん奥にある天照大神の和魂を祀る正宮(しょうぐう:正殿)の真後ろには、天照大神の荒魂である「天照坐皇大御神荒魂」を祀る荒祭宮(あらまつりみや)があります。

mag201905-7.jpg
(伊勢神宮・内宮の荒祭宮 2016.10.15)

正殿に向かって二礼二拍手一礼して感謝の祈りを捧げることは、その裏手にある荒祭宮に祀られている瀬織津姫に祈りを捧げていることになるのです。

この「天照坐皇大御神荒魂」こそが、「瀬織津姫」のことです。

しかし、荒祭宮の参拝者は、この秘密を知らないでしょう。

また、伊勢神宮・内宮から直線距離で南西方向に約30kmほどいった奥伊勢の地には、「瀧原宮(たきはらのみや)」という伊勢神宮内宮の別宮があり、ここの祭神もまた、「天照坐皇大御神御魂」とされています。

つまり、天照の荒ぶる魂である「荒魂」の正体こそが「瀬織津姫」なのです。

mag201905-10.jpg
(瀬織津姫を祀る「瀧原宮」。伊勢神宮の式年遷宮に合わせて新築 2019.4.17)

<省略>

封印されていた神「瀬織津姫」が表面に出てきた意味とは?

「せおりつひめ」・・・古神道に興味を持ち始めた人々は、まず、その美しい響きに魅せられた、と言います。

<中間省略>

・・・特に、神道とは無縁と思われていた若者たちの間で、密かな「瀬織津姫ブーム」が広がっていることは、その兆候を示しているのです。

ブームの発火点となったのは、新海誠監督の映画『君の名は。』です。

映画の舞台は「糸守町」という架空の街ですが、そこに登場するのが「宮水神社」という、これまた架空の神社が、飛騨高山にある飛騨山王宮日枝神社ではないか、ということから、多くの若者が聖地・飛騨を目指すようになったのです。

映画『君の名は。』の原作者、制作者は、「瀬織津姫」が天照大神と一対の夫婦神であり、「宮水神社」という名の架空の神社を舞台としたことから、「瀬織津姫」が川の瀬の織りなすところに坐す水の神であることを知っていることは明らかです。

「龍神」!?
ここから先は複雑です。
今回はここまでにしておきましょう。

mag201905-15.jpg

・・・「瀬織津姫」は、社殿のある神社としては日本最古と言われている奈良県桜井市の「大神(おおみわ)神社」とも深い関係にあります。
それは神武以前の太古の神です。

mag201905-12.jpg
参拝者が引きも切らない太古の神社「大神(おおみわ)神社」 2019.4.16

大神神社の参道を拝殿に向かって歩いていくと、向かって左側に末社のひとつである「祓戸(はらえど)神社」という小さな宮が現れます。

大神神社だけを目指していると見落としてしまうほど小さな神社ですが、ここが「瀬織津姫神」を祀っている神社なのです。

mag201905-14.jpg

このように、天津神系の大きな神社の境内にある末社を丁寧に見ていくと、必ずと言っていいほど「瀬織津姫」の痕跡が残されているのです。

・・・そして、さらに優れた研究者であれば、「瀬織津姫」が金星を象徴するビーナスであり、イシスであり、夫婦神である天照大神とともに「三位一体」を成す神であることに思い至るかもしれません。

<省略>

豊受大御神と猿田彦の正体は外国神!?

「天皇は、京都の下鴨神社と上賀茂神社には参拝するのに、天皇の祖先である天照大神を祀っている伊勢神宮に参詣しないのはなぜ?」・・・

多くの人々が長い間、抱いている疑問です。

伊勢神宮の創建以来、参拝してきたのは天皇の使者である「勅使(ちょくし)」であって天皇ではありませんでした。

事実、明治維新後、初めて明治天皇自身が参拝するまで、どの天皇も伊勢神宮には足を踏み入れることはなかったのです。

しかし、平成天皇(上皇明仁)が4月18日、伊勢神宮の内宮に報告に訪れたのです。

古神道の秘密を理解していない日本のメディアはサラッと報じてますが、実は驚天動地とも言うべき出来事なのです。

NHKが、「両陛下は、午後には、皇室の祖先の『天照大神』がまつられる伊勢神宮の内宮にそれぞれ参拝されました」と報じたとかで、大学教員やメディア・レポーターたちが、「NHKは神話と現実を統合することにしたらしい」とか、「神話と史実を混同するような伝え方だ」とか騒いでいます。

政権に忖度してばかりのNHKが、ここぞとばかり批判の標的となっているようですが、この件についてはNHKが正しいのです。

この大学教員やメディア・レポーターは、天皇→現人神→戦前回帰と、条件反射的に天皇に対して拒否反応を示すように教育されてきた犠牲者であり、神道の知識をほとんど持っていないことが分かるのです。

天照大神が実在しなかったとか、現人神だとか、そうではないとか、まったくもって滑稽でナンセンスな議論に人々を引きずり込んで時間を浪費させるのが近頃の大学教員の仕事でもあるので、さもありなんと受け流すのが得策です。

天照とは神話ではなく、現在も私たちの周辺に「遍在している」のです。

悲しいかな、「霊性」が失われてしまった現代人には、その存在が感知できなくなってしまったというだけのことです。

「明治天皇の前の歴代天皇は、なぜ伊勢神宮を訪れなかったのか」・・・

ここまで理解できた人であれば、答えは自ずと出てくるはずです。

<以下省略>

伊藤博文と岩倉具視によって天皇は神道の国教化のプロモーターに仕立て上げられた

・・・「伊藤博文と岩倉具視による孝明天皇と睦仁親王の暗殺計画によって、明治天皇は大室寅之祐にすり替えられた」とする陰謀史研究家による主張は、多くの日本人を魅了しました。

しかし、明治天皇すり替え説にこだわるあまり、視野狭窄に陥ってしまった彼らもまた、ミイラ取りがミイラになってしまったのです。

結果として、神道の<道>を見失い、外国勢の隠された大きな計画から人々の目をそらせてしまったのです。

<中間省略>

・・・彼らの狙いは「天皇に神社神道のプロモーターを努めさせて日本人の精神をコントロールすること」にあります。

さて、私が「神社神道」と「古神道」を峻別して書いているということを忘れないでください。

古神道は宗教ではなく<道>です。

まさしく、アインシュタインが「ヒッグス粒子が、どうやってできたのか解明することは神を解明することになる」と言ったように、その答えを示しているのです。

そうした観点から見れば、アブラハムの三大宗教も、つい最近出てきた新興宗教ということになり、宇宙の大きなサイクルの節目でカオスを引き起こす役目を持った宗教であることが分かるようになるのです。

そもそも、明治維新前は、日本の現人神(天皇)は大衆から遠い存在で、人々の生活において天皇の存在は影響を与えませんでした。
今のように、日の丸の旗を振って天皇を迎えるなどという光景も見られなかったのです。

天皇の政治利用は、伊藤博文、岩倉具視らが明治天皇を担ぎ出して以来のことです。

明治新政府が最初にやったことは、1000年以上も続いた神仏習合の習慣を禁止する神仏判然令(神仏分離令)を発布することによって、神社と寺院を切り離してそれぞれ独立させ、神道を国教化の道具にしたことでした。

結果として、日本は軍国主義に向けて一直線で邁進することになり、世界大戦によって国土を破壊したのです。

<省略>

・・・そう、終戦の翌年にさっそく設置されたのが、この伊勢神宮を本宗とする神社本庁だったのです。

日本の軍部が二度と神道を利用して軍国主義の国に戻らないようにするために、日本人のアイデンティティーである神道の教えである<道>の精神を破壊し神社組織を解体・再構築させる必要があったのです。

欧米列強の秘密結社のネットワークは、伊勢神宮など国民に大きな影響を与える神社を抑圧することによって、これを支配下に置こうと神社本庁を設置させたのです。

<以下省略>

神道ビジネスの道具と化す神社ー宮司たちにどんな心境の変化が訪れたのか

<前半省略>

・・・天皇(現在は上皇)は4月18日の午前中に伊勢神宮外宮を訪れ、その後で伊勢神宮の内宮(ないくう)に移動して譲位の報告を行いました。

新聞もテレビも、まったくといっていいほど見ない私は天皇皇后が4月17、18日に伊勢を訪れることを知りませんでした。

しかし、私は偶然にも4月18日の朝9時、この伊勢神宮の外宮にいました。

そこで見た光景は、大きな籠を担いで、えっさえっさと小走りに走ってくる7、8名ほどの若い神主の姿でした。

朝早くにも関わらず、今上天皇の譲位に関係する多くの神事が計画されている外宮には、たくさんの参拝者が訪れていました。

突然、数名の警備員が外宮の敷地内にある別宮「土宮(つちのみや)」に集まってきて、参拝者に道を開けるよう丁寧に促したのです。

mag201905-5.jpg
(伊勢神宮外宮の「土宮」での神事。2019.4.18)

<省略>

・・・その後、車で外宮から5、6km離れた内宮に移動した私が見た光景は、静かな外宮とうってかわって、お祭り騒ぎのような喧騒でした。

そこには、「国民総参宮」と書かれた「のぼり旗」が掲げられ、明らかに右翼と分かる強面の“紳士”たちや地元の有志たちが詰めかけている光景が広がっていたのです。

伊勢市は、去年12月にも「国民総参宮」ののぼり旗を市役所前に掲げて、「政教分離違反」の指摘を受けて撤去したばかりです。

mag201905-6.jpg

「日本国民である以上、全員参拝するのは当たり前だ」とする考え方を行政が押し付けるのは、伊勢市という特殊な神道行政区が、いかに軍国主義と結びつきやすいか、海外に強く印象付けてしまったことでしょう。

<以下省略>

「瀬織津姫」が私たちに語りかけていること

<前半省略>

・・・式年遷宮の制度は、古事記の編纂を命じた天武天皇の発意によって始まったとされています。

さて、ここからが本当の太古の秘密の扉を開けることになります。

私たちは自らの封印を破って、今こそ隠された太古の謎を解き明かし、来たるべき大ミソギの時代に備えるべきときが来たのです。

その鍵を握っているのが「瀬織津姫」という封印されてきた実在の女神なのです。

ただし、
「瀬織津姫」とは、一般の人が偶像化して理解しようとしているような「一人の女神」ではなく、神々の「襲名」のことです。

・・・「瀬織津姫」の別名のひとつに「八十禍津日神(やそまがつひのかみ)」という名前があります。

禍(マガ)は災厄、ヒは魂=神霊の意味で、禍津日神とは災厄を司る悪心として古代から言い伝えられてきました。(画像クリックで拡大表示)

mag201905-16.jpg
石川県金沢市別所町にある「瀬織津姫社」の石板 2019.5.6

記紀から完全に抹消された理由のひとつも、この別名にあるのかもしれません。

しかし、善悪の区別をつけず、そもそも「悪」という概念を持たない古神道では、災厄を持って人々の魂をミソギにかける神さえ、慈悲深い大愛の神とされているのです。

その理由は明らかです・・・

<以下省略>

(次の神道特集号につづく)

※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

●この記事は、メルマガ
特集号2019/5/16【vol.06】の一部です。全文はメルマガでお読みください。

初月無料のメルマガは、購読開始日からの1ヶ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
5月1日より5月31日の間にご購読を開始された場合、1月分の購読料が無料になります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

したがって、新規お申し込みの場合、最初に課金されるのは6月の配信分からとなります。

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png





関連記事
       
NEXT Entry
英国と米国の社会主義化と人口削減につながるAI
NEW Topics
サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ
金融エンドゲームと銀(シルバー)価格の上昇トレンド
中央銀行がIMFのデジタル通貨を受け入れる恐いイベント
今秋からの市場の全面崩壊が資本主義の息の根を止める
景気後退へ突入!これから始まる本格的なゴールドの上昇
クラッシュ目前!中央銀行が現金を廃止したい本当の理由
ドルの終焉に備えるJPモルガンと最強!ロシアの暗号通貨
秋以降に市場転換で、ほうぼうでクラッシュ始まる!?
シリコンバレーと情報機関は影の世界政府のフロント
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密②
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①
エプスタインの罠に嵌ったイスラエルの奴隷・トランプ
メルケルの「震え」と、座して死を待つドイツ銀行
金本位制とイラン=トランプの裏側で起こっていること
大祓の神「瀬織津姫」の正体と天皇の生前譲位の理由
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top