カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   ビッグブラザー  »  国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①
       
mg201907-25.jpg

Big-Tech億万長者と彼らの闇の後援者による完全監視と完全検閲・管理の未来。

かつての長閑な農村地帯は「シリコンバレー」と呼ばれ、グーグル、フェイスブック、アップル、オラクル、ネットフリックス、シスコシステムズ、ペイパル、ヒューレットパッカードなど、世界最大のテクノロジーおよびソーシャルメディア企業の本拠地になっている。

なぜ、この美しい谷間に莫大な軍事研究資金がなだれ込んでいったのだろう?
なぜ、この著しい変化が、わずか数十年で起こったのだろう?
なぜ、シリコンバレーは「変革の中心地」になったのだろう?

これこそが、Big-Techが、大衆に“知られたくないシリコンバレーの秘密”である。

5Gと人工知能に反対する人々は、EMF(電磁場)から出る放射線と監視プログラムを核とする「第4次産業革命」こそが人類にもたらす最大の危険であると主張している。

そのとおり!!

にもかからず、各国政府、産業界が、こぞってそこに突き進んでいるのは、サイバネティックス革命全体が主にマス・マインドコントロール、反革命、そしてルシフェリアンによる魂の破壊に関係しているからだ。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」第300号パート1の一部抜粋です。
全文はメルマガでお読みください。

なぜシリコンバレ―に深いつながりを持つ米国の軍事研究部門のロゴに、悪魔の化身として忌み嫌われている「タコ」と、“例の“「ピラミッド」が使われているのか、考えてみよう

・・・2013年12月5日の深夜、米・国家偵察局(NRO:National Reconnaissance Office)が、カリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げた新しい監視衛星「NROL-39」のフェアリング部分にペイントされたミッション・ロゴ・・・

それは、ドイツのシー・ライフ水族館に突如、お目見えした“予言タコ”ポールと同じ、悪魔の生き物が吸い付くように地球の表面を覆っている絵柄のロゴマークです。

その場所は「北米」です。

mg201907-26.jpg

しかも、そのロゴには、'Nothing Is Beyond Our Reach'(我々の目の届かないものはない)という、全世界監視網が完成したかのようなメッセージが記されていたのです。

・・・茫漠とした陰謀論の荒野から、米国の政官界と情報産業界に深く根を張っている「リアル・ディープ・ステート」が徐々に真の姿を現しつつあることを示すもうひとつの重要なロゴがあります。

mg201907-27.jpg

このロゴは、米国の公的機関である「情報認知局(IAO:Information Awareness Office)」の公式のロゴマークです。

情報認知局(IAO)は、国防総省・高等研究計画局(通称「DARPA」)の「全情報認知(Total Information Awareness:TIA)」プログラムの一環として創設された主に米国の市民を対象としたスパイ監視組織です。

mg201907-28.png

このロゴマークのデザインは、1ドル札に描かれているピラミッドの「オール・シーイング・アイ(All Seeing eye)」=「すべてを見通す目」、つまり、この組織の名前にあるAwareness=「認知・目覚め」の意味を持つ『啓明の光』が地球を照らしている図になっています。

その照らしている地域は、ユーラシア、ヨーロッパ、北アフリカです。

DARPAとgoogle他のシリコンバレーのBig-Techは、一心同体のようにして、DARPAの「全情報認知(TIA)プログラム」を実行しています。

その推進力であるIAO(情報認知局)に関する唯一の日本語記事に、学会誌「情報処理」の2004年4月号に藤崎哲之助氏が寄稿した論文があります。

また、「全情報認知(TIA)」プログラムとLifelog、トランスヒューマンとの関係については、9年前に「国防総省とマイクロソフトの『代理脳計画』」に詳しく書いています。

さらに「国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①」のダイジェストを読む・・・


※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

●この記事は、最新のウェブマガジンの一部抜粋です。

初月無料のメルマガは、購読開始日からの1ヶ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
7月1日より7月31日の間にご購読を開始された場合、1月分の購読料が無料になります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

したがって、新規お申し込みの場合、最初に課金されるのは8月の配信分からとなります。

有料ウェブマガジンのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
 foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png







関連記事
       
NEXT Entry
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密②
NEW Topics
クラッシュ目前!中央銀行が現金を廃止したい本当の理由
ドルの終焉に備えるJPモルガンと最強!ロシアの暗号通貨
秋以降に市場転換で、ほうぼうでクラッシュ始まる!?
シリコンバレーと情報機関は影の世界政府のフロント
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密②
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①
エプスタインの罠に嵌ったイスラエルの奴隷・トランプ
メルケルの「震え」と、座して死を待つドイツ銀行
金本位制とイラン=トランプの裏側で起こっていること
大祓の神「瀬織津姫」の正体と天皇の生前譲位の理由
欧米の計画的な没落は中国をNWOのフロントにするため
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ⑥⑦
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ⑤
姉妹サイトと会員限定ウェブマガジンのスタート
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ④
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top