カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   その他社会  »  景気後退へ突入!これから始まる本格的なゴールドの上昇
       
mag201908-12.jpg

米国の金融機関が顧客から預かった資金の避難先としてもっともすぐれている金(ゴールド)へ向かわないのは、その量が莫大であるため、自ら金(ゴールド)価格を急上昇させてしまうから。

これは、日銀が国債と株式を売ることができないのと、まったく同じだ。

したがって、世界は、“座して死を待つ”ばかりとなっている。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」最新号・第305号の一部です。
全文はメルマガでお読みください。

「問題は、いつ起こるかではなく、どれほど悪いのかということだ。パニックに陥らずに、すぐに備えに取り掛かるべきだ」-米国の主流メディアのすべて

ここのところ、googleニュースで「recession(景気後退、不況)」と入力すると、夥しい数の記事がヒットします。

ごくごく間近に迫っている市場崩壊を確信した米国の主流メディアが、一斉に「景気後退は不可避」と報じるようになったからです。

中でも、CNBCのヘッドラインは悲痛な叫び以外の何物でもありません。
景気後退が心配でしょう?どうか、パニックにならずに備えに取り組んでください」・・・

世界は再び量的金融緩和に舞い戻り、完全なる世界の破滅まで紙幣を刷り続けるでしょう。
それが、西側の中央銀行に与えられたミッションだからです。

米国の市民や不用心な投資家たちは、トランプによる利下げ強行宣言が、今度もまた「新しい夢を与えてくれる」とばかり諸手を挙げて歓迎しています。

しかし、残念ながら、今度、彼らが見る夢は、一時の熟睡さえ与えてくれない白昼夢のような悪夢でしょう。

したがって、不眠症が悪化して、最後はノイローゼになって夜の街を徘徊するようになるのです。

確かに、景気後退の明確なサインである2年物米国債と10年物米国債との利回りの逆転現象は起こりました。

世界は、すでにリセッションに突入しています。
そして、市場崩壊は必ず起こるのです。

問題は、その規模が想像をはるかに超えたスケールで起こり、何人も逃れることができないほど徹底的な崩壊が数年にわたって続くことです。

まさに、市場は地獄絵図と化すでしょう。

では、どうすべきなのでしょう?


ここから先、最新号の「景気後退に突入した世界経済と、これから始まる金(ゴールド)の本格的な上昇」のダイジェストを読む・・・

●この記事は、最新のウェブマガジンの一部抜粋です。(※最新のメルマガと、最新のウェブマガジンの内容は同じです)

※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

初月無料のメルマガは、購読開始日からの1ヶ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
8月1日より8月31日の間にご購読を開始された場合、1月分の購読料が無料になります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

したがって、新規お申し込みの場合、最初に課金されるのは8月の配信分からとなります。

有料ウェブマガジンのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
 foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png







関連記事
       
NEXT Entry
今秋からの市場の全面崩壊が資本主義の息の根を止める
NEW Topics
国際決済銀行(BIS)は日本にゴールドの備蓄を許さない
ソフトバンクが自動車産業乗っ取りのための標的に!?
EU離脱・気候変動・タックスヘイブン・暗号通貨④
EU離脱・気候変動・タックスヘイブン・暗号通貨③
EU離脱・気候変動・タックスヘイブン・暗号通貨①②
「環境問題の仮面を着けた金融・エネルギー問題」
「史上最大級」の正常性バイアスと都会から脱出した人々
「晋三 39歳」と2009年ビルダーバーグで決定!ドル崩壊
東京五輪、横浜カジノ、金融危機ー崩壊へ向かう日本②③
東京五輪、横浜カジノ、金融危機ー崩壊へ向かう日本!①
リーマン前夜!金融黙示録から目を背ける日本人の運命
サウジ石油施設の偽旗作戦はEUの「脱ドル化」合意へ
金融エンドゲームと銀(シルバー)価格の上昇トレンド
中央銀行がIMFのデジタル通貨を受け入れる恐いイベント
今秋からの市場の全面崩壊が資本主義の息の根を止める
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top