カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   ニュース一般  »  フリーメーソン・グッズ
       
世界中には、さまざまなフリーメーソン・グッズが出回っています。
その一部をご紹介します。

●ロレックスのフリーメーソン置き時計




裏側に秘密の儀式を行う蜀台と、プロビデンスの目? イルミナティとの混成デザインか。




サイト:http://rorenodorei.blog.drecom.jp/archive/1301


●ロンドンのロッジ内にあるお土産物店







サイト:http://d.hatena.ne.jp/parisienne75/20090924/1253804123

●モーツァルト フリーメーソンに捧げる曲


アメリカで売っているフリーメーソン・グッズ
http://hcusa.blog104.fc2.com/blog-entry-165.html


ロンドンでフリーメーソン本部を見学
http://d.hatena.ne.jp/parisienne75/20090924


最近、「ダヴィンチ・コード」から始まって、メディアでのフリーメーソンやイルミナティの露出が急激に増えています。ちょっと不自然さを感じてしまいます。
「秘密結社」でもなんでもない、ことを印象付けようとしているようです。
ただ、フリーメーソンの入会の儀式では、今でも本物の髑髏を使っている、といいます。
申し訳ないのですが、私からすれば、やはりまともな結社ではありません。

まあ、事実、NWOからすれば、もうこの組織は「終わった」のでしょう。「切捨て候補」。
日本でも、ここ数年は、フリーメーソンの講演会や入会のガイダンスを全国数箇所でやっているようです。
ただ、こうした「スタッフ」たちは末端の人たちで、上層部の意向など知る由もないに違いありません。





関連記事
       
NEXT Entry
NESARAと共産主義と偽りの予言者マシュー君
NEW Topics
クラッシュ目前!中央銀行が現金を廃止したい本当の理由
ドルの終焉に備えるJPモルガンと最強!ロシアの暗号通貨
秋以降に市場転換で、ほうぼうでクラッシュ始まる!?
シリコンバレーと情報機関は影の世界政府のフロント
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密②
国防総省とシリコンバレーとgoogleの本当の秘密①
エプスタインの罠に嵌ったイスラエルの奴隷・トランプ
メルケルの「震え」と、座して死を待つドイツ銀行
金本位制とイラン=トランプの裏側で起こっていること
大祓の神「瀬織津姫」の正体と天皇の生前譲位の理由
欧米の計画的な没落は中国をNWOのフロントにするため
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ⑥⑦
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ⑤
姉妹サイトと会員限定ウェブマガジンのスタート
タルムードを世界立法府の法的礎石にするトランプ④
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top