カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   ニュース一般  »  フリーメーソン・グッズ
       
世界中には、さまざまなフリーメーソン・グッズが出回っています。
その一部をご紹介します。

●ロレックスのフリーメーソン置き時計




裏側に秘密の儀式を行う蜀台と、プロビデンスの目? イルミナティとの混成デザインか。




サイト:http://rorenodorei.blog.drecom.jp/archive/1301


●ロンドンのロッジ内にあるお土産物店







サイト:http://d.hatena.ne.jp/parisienne75/20090924/1253804123

●モーツァルト フリーメーソンに捧げる曲


アメリカで売っているフリーメーソン・グッズ
http://hcusa.blog104.fc2.com/blog-entry-165.html


ロンドンでフリーメーソン本部を見学
http://d.hatena.ne.jp/parisienne75/20090924


最近、「ダヴィンチ・コード」から始まって、メディアでのフリーメーソンやイルミナティの露出が急激に増えています。ちょっと不自然さを感じてしまいます。
「秘密結社」でもなんでもない、ことを印象付けようとしているようです。
ただ、フリーメーソンの入会の儀式では、今でも本物の髑髏を使っている、といいます。
申し訳ないのですが、私からすれば、やはりまともな結社ではありません。

まあ、事実、NWOからすれば、もうこの組織は「終わった」のでしょう。「切捨て候補」。
日本でも、ここ数年は、フリーメーソンの講演会や入会のガイダンスを全国数箇所でやっているようです。
ただ、こうした「スタッフ」たちは末端の人たちで、上層部の意向など知る由もないに違いありません。





関連記事
       
NEXT Entry
ブッシュ逮捕とNESARAとマシュー君
NEW Topics
株式・FX・仮想通貨はボットとAIに支配されている③
株式・FX・仮想通貨はボットとAIに支配されている①②
テザー疑惑が金(ゴールド)の価格を上昇させる!?
ビットコインに内在するテザー爆弾、そして株価暴落へ
暗号通貨デリバティブが世界恐慌の引き金になる①~③
コインチェックを実質破綻に追い込んだ魑魅魍魎の正体
暗号通貨から金(ゴールド)へ一部の資金が移動か
国際金融エリートたちの世界電子法貨が姿を現すー①②③
暗号通貨の主役交代と量子耐性の次世代暗号通貨②③
暗号通貨の主役交代と量子耐性の次世代暗号通貨①
世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?②③
世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?①
ブロックチェーンとフィリップ・ロスチャイルド
2018年、さようならBTC!こんにちはBCH!
「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の「神」
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サブサイト(更新停止中)
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反世界政府主義
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top