カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  中国原潜・放射能漏れ事故の続報
       
20110805-1.jpg

中国の原子力潜水艦の放射能漏れ事故は本当のようです。
新唐人電視台が報じています。


中国・大連港に停泊中の原子力潜水艦から放射能漏れか
、という記事を書きました。これについて、最新のニュース動画がyoutubeにアップされました。
海外の事情に詳しいブロガーさんから、ご案内いただきました。


日本語に翻訳されています。

【アナウンサーが語っていること】

中国原子力潜水艦から放射能漏れ事故

【新唐人日本2011年8月2日付ニュース】
海外の博迅ネットによると、最近、中国海軍の原子力潜水艦から放射能漏れ事故が発生。軍当局は情報を厳重に封鎖し、中国のネッ­ト上の関連文章も次々削除されています。

中国・大連艦艇学院からの情報によると、7月29日午前、大連に停泊している最新型原子力潜水艦で、電子設備の設置工事中、放射性物質が漏れ出したそうです。
軍当局による­現場封鎖と共に緘口令が出されたそうです。

"全米科学者連盟"(FAS)傘下の戦略安全ブログの文章によると、3月29日、グーグルアースが、大連近郊の小平島海軍基地に停泊中の「ジン級」戦略原潜2隻の写真をと­らえました。

この情報は中国でもネット上で広がりましたが、まもなく当局により削除。
一部の軍事討論区や大型論壇の関連文章も削除されました。
"潜水艦"、"原子力"などのキーワード­も検索不能になりました。

事故に関し、当局は沈黙を守っています。

あるネットユーザーが事故当日、東京から上海に行き、放射線量を測定。

結果、上海の放射線量は0.31マイクロ・ミリシーベルトで­、東京の0.13を大きく上回っていたそうです。

20110805-2.jpg

情報によると、中国海軍の原潜による重大事故は過去にも数回発生。
1983年、中国の原潜がソ連のウラジオストックでソ連潜水艦と衝突し沈没。
70人が死亡。
この事故は1­2年後のロシアの調査によって明らかになりました。

また、1985年、中国の092型弾道ミサイル原潜がミサイル発射時に爆発を起し沈没。
100人が死亡しましたが、未だに情報は公開されていません。


新唐人テレビがお伝えしました。


このニュースは、ニューヨークに本拠を置く新唐人電視台が報じています。

大連港と上海との間の距離は、東京、福岡間くらい離れています。

20110805-3.jpg

上海で0.31マイクロ・ミリシーベルト(? どうであれ、東京より高いようです)が計測されたとしたら、大連港から、ほぼ同じ距離にある九州・佐賀県でも、それなりに高い計測値が出てもいいのですが、佐賀県の環境放射線量に変化はありません。

これを報じている新唐人電視台とは、
「2002年、北米中国人向けに放送開始。
翌2003年には衛星放送での放送が開始され、現在は世界各国で視聴できるほか、日本でもインターネットで視聴が可能である。

同じ法輪功系のメディアである大紀元と報道の内容が重なっている部分も多いが、ニュース以外にも、各地の伝統文化や漢方医学など、より多岐にわたる分野を専門としている」。
(以上、Wikiより)

中国版はこちら

ガイガー・カウンターの0.31マイクロというのは、かなりの線量です。
ひょっとして、原潜事故が大きなものであることを印象付けるための「やらせ?」。どうもわかりません。もっとも、確かめようがありませんが。

それにしても、中国の原潜事故は、後を絶ちません。
日本の近海で爆発(原潜ではないが過去にあった)を起こすような事故が起これば核クライシスになってしまいます。

中国は、こういう意味で怖いのですが、それでも原発推進路線に変更はないようです。




KARCHER 【充実した装備! パワフル洗浄! 】高圧洗浄機 K2.360
Karcher 社製
15,430円 送料無料

 
KARCHER 【充実した装備! パワフル洗浄! 】高圧洗浄機 K2.360




関連記事
       
NEXT Entry
私が伝えたいのは「科学者は嘘をつく」ということです
NEW Topics
ウォール街と規制当局がBTC、ETH、XRPに対して動く
北朝鮮とイランとの秘め事がハルマゲドンを引き起こすー②~④
北朝鮮とイランとの秘め事がハルマゲドンを引き起こす①
ソロス、ロックフェラーの仮想通貨参入とトランプ打倒
元キャバ嬢や元AV女優目当てにヨガに通う林芳正文科大臣
セクハラ公益通報を美人局にすり替えてメシを食う言論人
衛星とAIが中国市場の赤裸々な実態を次々と明らかに
北の非核化が明らかにする安倍晋三の本当の悪質さ
東西資源戦争の勃発と中国・ロシアの脱SWIFTへの動き③
東西資源戦争の勃発と中国・ロシアの脱SWIFTへの動き②
朝鮮半島のX-day
東西資源戦争の勃発と中国・ロシアの脱SWIFTへの動き①
ホワイトハウスと永田町では政治と占星術が交差する
トランプの安倍排除とドル安による中国軍の近代化阻止
「マスコミ頼り?」-官邸が流すデマに騙される愚民国家
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サブサイト(更新停止中)
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反世界政府主義
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
株価&為替ボード
リンク11-ユーラシア
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top