カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  
       
mag201908-12.jpg

米国の金融機関が顧客から預かった資金の避難先としてもっともすぐれている金(ゴールド)へ向かわないのは、その量が莫大であるため、自ら金(ゴールド)価格を急上昇させてしまうから。

これは、日銀が国債と株式を売ることができないのと、まったく同じだ。

したがって、世界は、“座して死を待つ”ばかりとなっている。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」最新号・第305号の一部です。
全文はメルマガでお読みください。
mag201908-10.jpg

IMFは高額紙幣を廃止すれば、マイナス金利の足枷が外れて、マイナス金利による大幅な金融緩和を実現できると考えている。

つまり、「金融エリートたち」は、いよいよ大規模な金融危機を演出することによって、彼らにとって、よりコントロール可能な新しい通貨システムに移行させる作業に具体的に取りかかっているのである。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」最新号・第304号の一部です。
全文はメルマガでお読みください。
mag201908-5.jpg

「ドルの終焉」に備えて、独自の暗号通貨の開発を進めるJPモルガンと、莫大な量の金(ゴールド)準備高を背景として、金(ゴールド)で価値が裏付けられた最強の暗号通貨の開発を計画しているロシア。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」最新号・第303号の一部抜粋です。
全文はメルマガでお読みください。
mag201908-1.jpg

ホワイトハウスと議会は、債務上限の引き上げについて議論を避けようとしている。

つまり、トランプ政権は、ハイパーインフレへの道を選んだというということである。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」第302号の一部抜粋です。
全文はメルマガでお読みください。
mg201907-35.jpg

米国の歴代の大統領のほとんどが、“ダークスーツを着た男たち”に意のままに操られてきた。

トランプ以前の何人かの大統領は、その男たちが実在していることを明らかにした。

しかし、これほどまでに米国が悲惨なことになってしまったのは、それらの大統領もまた“ダークスーツを着た男たち”の一味だからである。

ジェファーソンやケネディーなどの、ごく一部の大統領を除いて。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」第301号の一部抜粋です。
全文はメルマガでお読みください。

mg201907-29.jpg

グーグルは、米国の内部に深く根を張っている秘密主義の闇の政府のイニシアチブの一部として、その創業段階から支援されてきた。

ペンタゴン、CIA、NSAが、全地球監視システムを構築するために手塩に掛けて育て上げた“闇の政府”の分身がグーグルなのである。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」第300号パート2の一部抜粋です。
全文はメルマガでお読みください。
mg201907-25.jpg

Big-Tech億万長者と彼らの闇の後援者による完全監視と完全検閲・管理の未来。

かつての長閑な農村地帯は「シリコンバレー」と呼ばれ、グーグル、フェイスブック、アップル、オラクル、ネットフリックス、シスコシステムズ、ペイパル、ヒューレットパッカードなど、世界最大のテクノロジーおよびソーシャルメディア企業の本拠地になっている。

なぜ、この美しい谷間に莫大な軍事研究資金がなだれ込んでいったのだろう?
なぜ、この著しい変化が、わずか数十年で起こったのだろう?
なぜ、シリコンバレーは「変革の中心地」になったのだろう?

これこそが、Big-Techが、大衆に“知られたくないシリコンバレーの秘密”である。

5Gと人工知能に反対する人々は、EMF(電磁場)から出る放射線と監視プログラムを核とする「第4次産業革命」こそが人類にもたらす最大の危険であると主張している。

そのとおり!!

にもかからず、各国政府、産業界が、こぞってそこに突き進んでいるのは、サイバネティックス革命全体が主にマス・マインドコントロール、反革命、そしてルシフェリアンによる魂の破壊に関係しているからだ。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」第300号パート1の一部抜粋です。
全文はメルマガでお読みください。
20190706.jpg

未成年少女虐待者ジェフリー・エプスタインに司法取引を持ちかけたアコスタ検事を労働長官として任命したトランプの目的は、「アコスタが決して秘密をばらさないように」手元に置いて管理するためだった。

トランプは、イスラエルのエージェントによって、背中を蹴とばされながらイラン悪玉説を世界に吹聴している哀れな男に過ぎない。

20190705.jpg

メルケル首相は、何に怯えているのだろう?
mg201907-23.jpg

カルト化するトランプ信者とQアノン信者たち。
世界の裏側では、彼らがもたらす情報とは異なったことが進行している。

なぜ、彼らは、これほど簡単なことが分からないのだろうか。それこそ最大の謎だ。
これらのカルト化した精神病質の人々は、最悪、助からないだろう。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ」-最新記事のダイジェストです。
ダイジェストは全文の4分の1程度です。全文はメルマガでお読みください。
mg201907-5.jpg
(最強の龍神が鎮座する奈良の山中の室生龍穴神社)

男神・アマテル神と対を成す瀬織津姫。

全国各地の龍神伝説と瀬織津姫、そして白蛇信仰とつながり、早池峰から熊野までの「ヒメ旅」の結果、判明したことは・・・

20190701.png

ビッグブラザーの専制国家オセアニアのモットーは、「戦争は平和なり  自由は隷従なり  無知は力なり」・・・つまり、現政権の人々のこと。

永田町というワシントンの奴隷村・・・そのワシントンはロンドンの丁稚どん・・・そして、ロンドンは・・・?
・・・イスラエルの下僕。

そして、イスラエルは・・・最終的にはクレムリンに抑え込まれるだろう。

mag201906-31.jpg

ドナルド・トランプの正体は、過激なハバドのユダヤ人。
彼は、2016年の大統領選に勝つために、偽造クリスチャンを演じ続けた。

古代ユダヤの律法をタルムードを基本とした「ノアハイド法」に置き換えようとしている。

トランプの背後にいるサンヘドリンは、これを世界の律法にするようトランプにミッションを与えた。

クシュナーは、ソロスから資金援助を得てマイクロチップの開発に協力している。

イヴァンカは悲劇のヒロインになるだろう。

すべては茶番。
「喧嘩するほど仲が良い」とは良く言ったものである。


(この記事は、メルマガ第297号パート6~パート7の2本の記事のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201906-24.jpg

トランプは、2018年に入る前にシオニズムのユダヤ教徒になっていた。

このときから、トランプ政権の布陣は、全員ユダヤ人と危険なシオニスト、ネオコンに入れ替わった。

過激派のシオニスト・ユダヤ勢力がトランプに与えたミッションは、モーゼの十戒をタルムード・ベースの律法に書き換え、シオンの丘に第三神殿を建立してハルマゲドンを引き起こすことだ。

トランプは、その使命を喜んで受諾した。


(この記事は、メルマガ第297号パート5のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
201907-1.jpg

長らく休眠していた姉妹サイト「旧:アーバンプレッパー」をリニューアル後、「ハリマオレポート」として再開します。

7月から、時事(政治・経済、金融全般)の論客が揃っている「foomii」でも、配信を始めます。

       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク13-ユーラシア
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top